• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 早稲田速記医療福祉専門学校
  • 好奇心の授業一覧
  • えっ!ドラッグストアなのに、薬が販売できないってホント!? その理由とは…

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定の養成施設/東京

ワセダソッキイリョウフクシセンモンガッコウ

好奇心の授業

医療・福祉
えっ!ドラッグストアなのに、薬が販売できないってホント!? その理由とは…
テーマphoto
元気で輝く人生をアドバイスできる登録販売者になろう
テーマphotoテーマphoto
食品栄養学の調理実習です美容の知識も学べます
薬の販売に必要な資格「登録販売者」が注目されている
従来薬を扱うことのできる資格は薬剤師のみでしたが、2009年に一般医薬品(2・3類)を扱うことのできる登録販売者の資格ができました。そのため薬のアドバイスや販売は登録販売者または薬剤師の資格がないとできないのです。高齢化に伴いさらに需要が高まるドラッグストア。コンビニや家電量販店など薬を販売する店舗も増えてきているため、これから登録販売者はますます必要になる資格なのです。
ビタミン剤も、たくさん飲めば良いってことじゃない
登録販売者の第一の仕事は、症状に合わせた薬を選び、説明して販売することですが、実はそれ以外にも大切なことがあります。それはお客さまのためになる健康情報などを提供することです。例えば、身体のためにと服用するビタミン剤。種類によっては、その摂取量などに注意が必要なのです。ビタミンB群やビタミンCなどは水溶性のため、たくさん摂っても蓄積せず体から出ていきますが、ビタミンAやビタミンDなどは脂溶性のため、摂り過ぎると体に蓄積し、過剰症を引き起こします。また、ビタミン剤を飲んだら、尿が黄色になるため副作用かと不安になる人もいますが、これはビタミン剤の黄色い成分が尿に出てきているだけなので、心配はありません。
ドラッグストアが「地域の健康ステーション」になっていく
病気は薬だけで治るのではなく、生活習慣(食事・運動・睡眠など)の改善が必要になるケースがほとんど。そこで、ドラッグストアも薬の販売だけでなく様々な対応をはじめています。いつまでも健康でいられるよう、セルフメディケーションに関する勉強会を開催したり、コミュニケーションの場を設けたり、気軽にみんなが集える地域の健康ステーションとしての役割が期待されています。
これって実は・・・生活科学
学べるのは、ココ!
早稲田速記医療福祉専門学校 くすり・調剤事務科 
photo
薬の知識で健康に貢献!
これからのドラッグストアでは、薬を販売するだけでなく、その病気の原因となった生活習慣についての説明と、その改善に関する様々なアドバイスを行える“対応力”が重要となります。くすり・調剤事務科では、薬について深い知識を身につけ、登録販売者や調剤事務管理士の資格を取得します。さらに、栄養、運動、介護、美容、ストレスケアなど幅広い知識を学び、ビューティケアアドバイザー、ヘルスケアアドバイザーなどの資格を取得します。そして、実際の場面を想定したケーススタディーで対応力を磨き、お客様一人ひとりに合わせた応対のできる「くすりのプロ」を育成します。みなさんも人の役に立つ仕事についてみませんか?

早稲田速記医療福祉専門学校(専修学校/東京)