• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 大原簿記学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大久保 淳弥さん(税理士コース(4・2年制)/経理)

先輩の仕事紹介

大きな数字に関わる経理の仕事に加え、税務に関する業務にも携わりやりがいを感じています

経理
税理士コース(4・2年制)/2019年3月卒
大久保 淳弥さん

この仕事の魅力・やりがい

仕事の内容としては、経理として会社内の決算業務に関わっています。広告制作やイベント制作の経費など各部署が起こした伝票の確認や処理も業務の一つ。適切な支払いが行われないと得意先との関係性に関わってきたり、業績に影響するので、責任のあるポジションになります。また、税務調査に関する窓口が経理になるため、トレーナーと言われる税務担当の下について対応も行います。各部署からは支払いに関する問い合わせも多く、適切な対応ができるよう日々知識を身につけ、いろいろな部署の方とはなるべく対面で話をすることを意識しています。決算資料の桁数が多い数字を見るのがとても嬉しいですし、やりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

将来、特になりたいものがなかったのですが、商業高校に通っていて簿記を学んでいた母の勧めもあり、高校3年生のときに大原の社会人コースで簿記3級を取得しました。普通高校に通っていたので、まわりから少し不思議がられましたが、簿記の勉強や数字を見ていることが楽しいと気づき、高校卒業後は大原に入学して税理士を目指そうと思っていました。専門学校3年生の終わりから就職活動を始めた際に、どんな分野の会社でも学校で学んだ知識が活かせる経理に就こうと民間企業への就職を希望。博報堂プロダクツの求人票を見て、普段何気なく目にしている広告を制作している会社に興味がわいて、入社を決めました。

数字のミスがないよう、責任をもって業務に取り組みます

学校で学んだこと・学生時代

高校3年生で初めて簿記3級を取得し、資格を取得する喜びを味わいました。そのため学生時代は資格取得に向けた授業のもとで勉強に力を入れ、ひたすら頑張っていたという印象です。なりたい職業が定まっていて、取りたい資格が目標となる学校生活はとても充実していて、勉強をする上での授業形態や教材、先生方のサポートなど1日中落ち着いて集中できる環境が整っていると思います。現在の仕事で会計知識の基礎を活かせているのはもちろんですが、ビジネスマナーも学べて良かったと思う機会がたくさんあります。電話対応や挨拶、上司との関わり方など社会人としてのマナーが身についているので、入社してすぐに役立てることができました。

経費や支払いに関する問い合わせにも日々対応しています

大久保 淳弥さん

株式会社博報堂プロダクツ 経営計画室 経理部勤務/税理士コース(4・2年制)/2019年3月卒/入社してからふれ始めた税金の種類や税法に関する税務対応業務も自分のスキルにつながることから、これから積極的に学んでいきたいとか。自身の将来像を考えたとき、経理の仕事を極めるためには税の知識は必要と感じ、税理士の勉強を再開したいという大久保さん。「ゆくゆくは社内税理士になりたいので、まずは法人税を学ぶところから」と意気込みを語ってくれた。平日、時間ができたときは仕事から離れ、高校時代の友人と食事をしたり、映画を観たりして気分転換しているそうです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大原簿記学校(専修学校/東京)