• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原和服専門学園
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 大嶋 祐希さん(和裁研究科/衣裳仕立)

奈良県認可/専修学校/奈良

オオハラワフクセンモンガクエン

歌舞伎やお芝居などの舞台衣裳を手がけています

先輩の仕事紹介

昔からものづくりが大好き! 衣裳仕立の仕事は私の天職だと思っています。

衣裳仕立
和裁研究科/2015年3月卒業
大嶋 祐希さん

この仕事の魅力・やりがい

現在、松竹衣裳株式会社で歌舞伎やお芝居などの舞台衣裳や、映画やドラマなど時代劇に使用される衣裳の制作に携わって3年になります。誰もが知っている有名人の衣裳も多く手がけていて、あの人が着る衣裳を今、私が仕立てているんだ…と思うと、テンションが上がります。実際に自分が制作に関わった衣裳を着た役者さんが、舞台に立つ姿を見た時はとても感動しました。こんな経験ができるのは、この仕事だけですし、とても魅力的だと思います。また、衣裳仕立の仕事は退職しても自宅で仕事をすることも可能なので、結婚や出産など、自分の環境が変わっても長く続けていけるのが良いですね。

この分野・仕事を選んだきっかけ

元々、ものづくりが大好きで、漠然とものをつくる仕事を将来していきたいと思っていました。職業をいろいろ調べていくうちに自分が思い描く将来像に一番近い職業が着物を仕立てる和裁でした。色々な学校や職業訓練校などを見学した中、大原和服専門学園は初心者でも理解を深められるカリキュラムがあり、一番学校として技術教育に取り組んでいたので大原を選びました。和裁や着物もよく知らないまま入学した私でも、基礎から学ぶことができたし、技術も知識もしっかりと身につきました。

難しいところは先輩から教わりながら技術を身につけていきます

学校で学んだこと・学生時代

ものづくりが好きで入学した私ですが、とにかく和裁づけの毎日で課題の提出日に間に合わすために大変だったこともありましたが、学校生活は楽しく充実していました。私は学校の寮に入っていたのですが、全体の人数が多い学校ではないからか、友達のつながりが深かったです。寮でのイベントも多くて夏は流しそうめん大会や冬はクリスマス会など、盛りだくさん!寮生だけではなく、通学の友達も参加して楽しんでいました。集団生活のルールもきちん決められていて、快適で過ごしやすかったです。部屋は先輩と後輩も一緒で、大切なことをたくさん教えてもらいましたね。国家試験の時は、寮のみんなで勉強や練習をしたりフォローしあったりしました。

納期が迫るなかでも一針一針、丁寧に仕立てます

分野選びの視点・アドバイス

将来の夢が漠然としているのであれば、一番自分に合う仕事のは何か、自分の中の理解を深めていくことが大切だと思います。そのため学校説明会には積極的に参加して、学校の雰囲気とか、どんな人が学んでいるかなど、自分と合っているか自分で感じ、見極めてほしいですね。私の場合、大学進学の選択はありませんでした。はやくものづくりがしたかったので、大学では遠回りになりそうだと思ったからです。大原和服専門学園に入学してから感じたことは、特に着物の仕立ては基礎が大切だということ。長い期間コツコツ練習しないと身につかない技術なので、学生のうちにしっかり学んでほしいと思います。

衣裳だけではなく、小物や帯の制作も大切な仕事です

大嶋 祐希さん

松竹衣裳株式会社/和裁研究科/2015年3月卒業/愛知県出身ながら、ものづくりが大好きで、ものづくりのプロを目指して大原和服専門学園へ進学。卒業後、ずっとものづくりができる今の仕事に就職して“夢”がかないました。今後は今の仕事を長く続けられるようもっと技術や経験を積んで、たくさんのことができるよう頑張ること、もっと衣裳の歴史や背景、成り立ちを理解して、素晴らしい衣裳を仕立てていくのがこれからの目標。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
先輩の仕事について学ぶ
大原和服専門学園(専修学校/奈良)