• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原和服専門学園
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 和裁士の仕事 いつまでもコツコツと続けられるところがとてもいいところです。

奈良県認可/専修学校/奈良

オオハラワフクセンモンガクエン

和裁士の仕事 いつまでもコツコツと続けられるところがとてもいいところです。

朝山 香織さん
朝山さんは、卒業後すぐに生れ故郷の愛媛県で、
プロ和裁士として自宅で仕事をしています。
朝山さんのお仕事を紹介します。

私は、大原和服専門学園を卒業後、
地元の和裁教室から商品をいただき、
自宅で仕立てをしています。

和裁はすべて手縫いで仕上げ、「いつまでに納める」納期があります。
在学中にたくさんの着物を縫わせて頂いて、先生方から基礎をしっかり教えて下さったからこそ、
納期に合わせる力がつき、今はプロとして仕事を任せて頂いています。

今使っている裁縫台は、おばあちゃんからの贈り物です。
和裁の仕事は、いつまでもコツコツと続けられるところがとてもいいところです。
決まった長さ、幅の布から着用される方にとって美しく見えるように心がけています。
1反として同じ着物を仕立てることがないからこそ、
1枚1枚大切に、心をこめて
前よりキレイに仕立てられるようにと挑戦できる所にやりがいを感じています。
また、演歌歌手の方や舞台衣裳の着物を仕立てられることも喜びです。

先人の知恵と技術を身につけることができ、
次は自分自身が日本の伝統の技を
次の世代へつなげる懸け橋となる役割を担っていることを誇りに思って、日々、技術の向上を目指しています。

~きもの業界を目指すみなさんへ一言~
いま、同世代の20歳代の人で着物を作ることができる人はほとんどいません。だから日本の伝統の技を次の世代につなげる懸け橋としての役割を担っていると誇りに思ってできる仕事です。そして、1反として同じ着物を仕立てることがないので、きれいで変化があって美しく楽しい仕事です。ぜひ学んでください。

朝山 香織さん
【プロフィール】
愛媛県出身
高校卒業後、
平成18年4月に大原和服専門学園に入学。
平成22年3月に和裁科卒業後、
すぐに生れ故郷の愛媛でプロ和裁士として活躍、
現在に至る。
大原和服専門学園(専修学校/奈良)