• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原和服専門学園
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 染織作家のお仕事 様々な経験を生かして自分の表現したい作品に絶えず挑戦!

奈良県認可/専修学校/奈良

オオハラワフクセンモンガクエン

染織作家のお仕事 様々な経験を生かして自分の表現したい作品に絶えず挑戦!

藤原さん (2013年3月 きもの科※現、着物染織科卒業 創作着物作家)
私は、今、手織り作家・日本刺繍作家として作品制作をしています。
もともとは、青森県で日本刺繍の仕事をしていました。その日本刺繍をより活かすためにさらに学びたいと考え、大原に出会い入学。着物を構成する上で、最重要である和裁の知識をはじめ、染色・織物など様々な技法を学習し、技術や知識を身につけることが出来ました。中でも一番苦手だった和裁の知識が、柄の位置を決める時など製作活動に一番役に立っています。

今の仕事のやりがいは、デザインを1から考え、織と刺繍や時には染色もMIXして、自分ならではの作品を作っていくことです。
現在、来年七五三を迎える従妹の子のために子供物着物を染色と織と刺繍をミックスして製作しています。
これからのモノづくりは、お客さんの要求とは別に自分の表現したい作品作りにチャレンジしていくことが大切だと思います。興味のあることはもちろん、畑違いのジャンルからも色々と吸収して作品制作のアイデアを蓄積することが必要です。
今年、努力の甲斐あって現代手織物クラフト公募展では、グランプリ・長野県知事賞を受賞することが出来ました。※一番下の写真


自分はアラフォーで入学しましたが、若い時に身につけたことは必ずその後に活きてきます。人生も製作活動もロングスパンで立ち向かってください。
人生無駄なことは何一つありませんよ。
大原和服専門学園(専修学校/奈良)