• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原和服専門学園
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • ラメ糸メーカーのお仕事 街で自分の作った糸の服を着ている人にたくさん出会いたい

奈良県認可/専修学校/奈良

オオハラワフクセンモンガクエン

ラメ糸メーカーのお仕事 街で自分の作った糸の服を着ている人にたくさん出会いたい

園田さん(2017年3月着物染織科卒業 後染めラメ糸メーカー 泉工業(株)勤務)
現在、後染ラメ糸メーカーで、撚糸セクションで勤務しています。ラメ糸や金銀糸、漆糸の製造・検品などが主な仕事です。
今の日本のモノづくりは大量生産ではなく多品種少量生産で、毎日、いろいろな糸たちに出会えることができ、同じような作業でも、それぞれの糸に個性があり、いかにうまく撚糸をして、後の人の作業がいかに楽にできるかを工夫して考えることが楽しいです。

私は、もともと布を作ることに興味があり、織・染、さらにデザインもできると知って大原和服専門学園を選びました。
私は「和」の学校に入学したにも関わらず、あまりがっつり「和」が好きではなく、いかに「和」を「洋」のデザインにできるかに挑戦した3年間でした。3年生では計算することが好きなので織を専攻して1年間で約30種類の生地見本を製作しました。

学校で身につけたことで、現在の仕事に一番に役立っていることは、「機結び」です。インターン実習の時から撚糸した糸の検品をさせていただいたのですが、撚糸セクションで働くようになって、この「機結び」は、とても重要な作業をさせていただいたとわかりました。社内でも数人しか「機結び」ができないくてすごい事をさせてもらっていたと知りました。在学中は、糸を消費する側だったので、消費者の気持ちもわかり検品などに活かしています。

これからは、自分が携わった糸を使用して作られた様々な服を着たたくさんの人に、街で歩いていたら出会えるようになれるように、がんばって良い糸を作っていきたいと思っています。

大原和服専門学園は、和の学校ですが、和だけではなく広い視野を持った面白いことに出会えると思いますよ!!
私は、ラメ糸のメーカーで働くことになるとは思ってもいなかったのですが、毎日楽しく働いています!

大原和服専門学園(専修学校/奈良)