• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原和服専門学園
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 織師の仕事 ひと織りごとに、伝統をつなぐ誇りを感じる。

奈良県認可/専修学校/奈良

オオハラワフクセンモンガクエン

織師の仕事 ひと織りごとに、伝統をつなぐ誇りを感じる。

立花学園高校
前場さん (2012年 きもの科卒業 西陣織メーカー (株)龍村美術織物 勤務) 2010年度入学
出身は関東で、着物の技術をを学ぼうといろいろな学校をへ見学に行きましたが、どこも趣味の延長のような感じで、真剣に取り組める場所がないと感じていました。そこで関西圏で探したところ、多彩なカリキュラムに加え、職人さんから直接学べ、工場めぐりなども充実している転移魅力を感じ、大原和服専門学園に入学。授業で織物と出会い、1つひとつの工程を自らの手で進めていくことを感じ、また現場で働く職人さんの声を聞くというリアルな体験をしたことで、「織物の仕事をしたい!」強く思うようになりました。

現在は、先輩の作品を見ては刺激を受け、勉強している真っ最中。良い帯を織るには着る人のことを考えるのが一番ですが、学校で和装を学び、着付の経験をしているからこそ、帯を締める側の気持ちになれていると思います。
当社の製品は、世界的にも高く評価されているので、プレッシャーを感じる反面、良い帯を織ろうという原動力にも。
西陣織は歴史が長い分、自分のひと織りひと織りが伝統を継いでいっている感じがして、とても誇らしく思います。
今後も積極的に学び、納得のいく帯を織れるように努力していきたいです。

大原和服専門学園(専修学校/奈良)