大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカスクールオブミュージックセンモンガッコウ

このオープンキャンパスは開催終了しております。
廃止された学部・学科・コースの情報も含まれている可能性がありますので、ご注意ください。

Carlos K 作曲家特別講義

大阪スクールオブミュージック専門学校 画像の掲載は終了しました
開催日時
  • 2018年
    7月
    16日
    (月)
    12:00~16:30
対象学部・学科・コース
プロミュージシャン科(2年制)
誰でもできる!キーボードを使って楽曲制作。トラック、ビートの作り方を丁寧に教えることができます。 ※キーボードを弾いたことが無い方でも参加OK!


講師: Carlos K. (音楽プロデューサー)
1985年、音楽好きの日本人の両親のもとブラジルで生まれる。
6歳で帰国後、小学校教諭である母からピアノを教わり始めたが「誰かが作った曲を弾くよりも、自分で作ったほうが面白いのでは」と考え、独学にシフト。小学生のうちに初めて作曲を経験。
13歳からシンセサイザーを用いた楽曲制作に取り組むとともに、ライブ活動を開始。
東京の大学在学中、1年間再びブラジルへ渡り現地の音楽を吸収して帰国。自身のバンド活動と並行してR&BやHIPHOPのトラック制作を中心にクラブシンガーやラッパーへの楽曲提供を皮切りにプロとしての活動をスタート。

大学卒業と同時に、花王「ヘルシアスパークリング」のCMソングに抜擢されたことをきっかけに、遊助やClariSなど、徐々にメジャーアーティストへの楽曲提供を始める。
2011年、作曲を手がけた板野友美のデビューシングル「Dear J」が大ヒット。
その後は、Crystal Kay、Flower、Happiness、KARA、Little Glee Monsterといったアーティストや、AKB48や乃木坂46、SUPER☆GiRLSなどのアイドルまで、一度で聴いた者の心を掴む印象的なメロディ作りや重厚で広がりのある編曲を武器に、幅広くプロデュースに携わっている。

2015年には、シングルセールTOP20に、AKB48のシングル曲「Green Flash」を始め3曲(カップリングを含めると5曲)チャートイン。オリコン年間ランキング 作曲家部門1位を記録。
2016年、作曲及び編曲を手がけた西野カナ『あなたの好きなところ』が「レコード大賞」を受賞。

現在は、J-popの楽曲制作の傍ら、ブラジルや海外のメジャーアーティストとの楽曲制作や、映像作品の演出も行っている、今最も注目されている若手音楽プロデューサーである。

詳細HP http://www.carlosk.info


開催場所
大阪府大阪市西区新町1-18-22
Carlos K 作曲家特別講義/大阪スクールオブミュージック専門学校(専修学校/大阪)のオープンキャンパス

この学校に興味を持っている人はこんな学校の情報も見ています

前へ

次へ

スタディサプリオープンキャンパス
App Storeからダウンロード Google Playで手にいれよう