• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪デザイナー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • プロダクトデザイン学科
  • 家具デザイン制作

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカデザイナーセンモンガッコウ

家具デザイン制作

使いやすくてデザインセンスもある家具で、生活シーンを豊かに演出…。そんなステキな家具をデザインしよう。

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

目指せる仕事
  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • 靴デザイナー

    足元の美しさを生み出す。人間工学的な能力も

    靴の材質はもちろん、形を総合的にデザインするのが仕事。ファッション性は重要だが、それだけでなく、人間の足の構造や動きをよく理解し計算したデザインが求められる。商品がヒットすれば、靴メーカーと契約を結ぶこともできる。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

  • ガラス工芸家

    ガラスを使ってものを創り出す

    ガラスを使って、花瓶やコップ、皿などから、小物まで、さまざまなものを創り出す工芸家。繊細さや感性はもちろんのこと、体力も欠かせない。自ら作家のもとに弟子入りして学ぶか、ガラス会社に就職し、技術を習得後、創作活動に入るパターンが多い。

  • 木工工芸家

    木を素材にした伝統工芸をつくる専門家

    木材を使った伝統工芸を作る。高度経済成長期以降の大量生産大量消費により、手作りの工芸品は姿を消しつつあったが、近年その良さが見直され始めている。家内制手工業なので就職先は少なく弟子についた後、独立するパターンが多い。

初年度納入金:2018年度納入金 134万円  (入学金、授業料、設備費の合計。※教材・研修費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

作品制作など実習中心の授業で、空間における家具のあり方を考えて制作スキルを磨きます
ソファ、テーブル、チェア、テレビボードなど、量産品や工芸品としての家具をデザインするコース。生活シーンを豊かに演出する家具デザインについて、空間における家具のあり方を考えて制作していきます。人間工学論や材料学などモノづくりの基礎から学び、実習中心の授業で実践的な制作スキルを身につけていきます。

カリキュラム

設計製図と実習重視の授業で、家具デザインの知識と技術を身につけます
設計製図、人間工学など基礎力を習得。家具と空間の関係を学び、企画設計、制作を行う「ファニチャーデザイン計画・制作」、モノづくりに必要な知識や道具の使い方を学ぶ「制作実習」、プレゼンテーションなど、幅広い学びと多様な家具の制作を通して、必要なスキルや感性を身につけていきます。

学生

毎日・DAS学生デザイン賞2年連続で受賞のほか、世界の舞台にも挑戦!
毎日・DAS学生デザイン賞で第44回から2年連続で本校の学生がインテリア部門賞を受賞したほか、ミラノの国際家具見本市「ミラノサローネ」の若手デザイナーを対象としたイベント「サテリテ」に本校学生が出品。さらに「美濃和紙あかりアート展」への出品は恒例となり、毎年、多数の作品が入選しています。

卒業生

「毎日・DAS学生デザイン賞」に本コースの卒業生が4名選ばれました!
2016年5月、「2015毎日・DAS学生デザイン賞」の結果が発表され、プロダクトデザイン・工芸デザイン部門・部門賞に林 沙也加さん('16年卒)が、転がすことによって高さの違う座面が現れる椅子「KORON」で入賞。その他にも、辻川 知樹さん('16年卒)、梅木 祥恵さん('16年卒)、黒川 朋さん('16年卒)が入選しました。

クチコミ

2015年の夏季合宿は愛知県へ。ザ・コンランショップの見学や陶芸体験などを楽しみました
初日の名古屋市はフリーで、ザ・コンランショップ(世界中から厳選された家具やインテリアアイテムを扱うショップ)を見学する学生も。2日目は愛知県陶器美術館へ。プロダクトデザイナー秋田 道夫氏と(株)セラミック・ジャパン代表大橋 正之氏の実演も含めた講演、陶芸体験を通して、モノづくりの楽しさを実感しました。

施設・設備

学科専用の3つのアトリエにはプロレベルの設備を設置。授業時間外でも使えます!
中之島にある家電、家具などのデザイン・制作用アトリエ「SOLID」にはさまざまな設備、ヨーロッパ製や日本製の機械が揃っており、家具制作はもちろん各コースの作品制作に対応しています。そのほかアクセサリー、ガラスアート用のアトリエもそれぞれ完備。各実習室は授業以外にも開放されています。

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    相合家具製作所 、 オカザキ 、 NINO 、 スタジオノイエ 、 グリーン・アート 、 紋郎美術工房 、 大京リフォーム・デザイン 、 リビングハウス ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒530-0003 大阪市北区堂島2-3-20
TEL:0120-59-2299(フリーコール)
info@odc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市北区堂島2-3-20 「大阪」駅から徒歩 10分
「西梅田」駅から徒歩 5分
「北新地」駅から徒歩 5分
「渡辺橋」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


大阪デザイナー専門学校(専修学校/大阪)