• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪デザイナー専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 前田 翼さん(インテリアデザイン学科/インテリアデザイナー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカデザイナーセンモンガッコウ

クライアントに思いやりをもつことが大切

先輩の仕事紹介

お店が完成してクライアントに喜んでいただけたときが何よりうれしいですね

インテリアデザイナー
インテリアデザイン学科/2004年3月卒
前田 翼さん

この仕事の魅力・やりがい

2011年に独立、ニューヨークを拠点にして店舗デザインを中心に活動していましたが、2017年、日本に拠点を移しました。最近は、アーティストの方々と一緒にデザインを提案することが増えており、職種の異なる人達と新しいモノを作るというプロセスや未知の分野にチャレンジすることを楽しんでいます。また、この仕事は、クライアントのことを家族のようによく知ること、そして思いやることからはじまるというのが僕の考え。何度も打ち合わせをして身内のようになったクライアントさんに、できあがった店を喜んでいただけることや、自分がデザインしたお店がはやっているのを見ることができるのも、この仕事ならではのやりがいです。

分野選びの視点・アドバイス

在学中に基礎力を確実につけることが卒業後の自信につながります。また、デザイナーとは、自分の経験をカタチにして、これまでにない新しい世界を提案する職業。「そのデザインがなぜ良いのか」を伝えるためのコミュニケーション能力も重要です。だから、いろんなところに行き、いろんなものを見て、感じること、体験することを大切にしてください。そして必ず写真を撮る。最初は、何が良いのかわからなくてもいいし、すぐに何かに役立つわけでもありません。しかし、かっこいいデザインを考えるようになったとき、それは確実にベースとなっているはずです。また、豊かな経験が会話の引き出しになり、コミュニケーションを広げてくれるでしょう。

商業スペースデザインを中心に幅広く活躍

これからかなえたい夢・目標

現在は、国内のショップや日本に出店する海外ブランドショップのデザインのほか、中国でも仕事し、自分のスタイルを日々追求しています。今後は、常に新しいモノづくりを行うために、もっと経験を積みたい、世界を知りたいと思っており、ニューヨークで経験を積むことを決意しました。同時に、出身地の福井も含め、地域活性にも関心をいだいています。デザインの仕事は、あらゆる可能性を秘めているので、デザインとともにコンセプトワークやソフトの企画ももっと手掛けて、若い人の意識を変えたいですね。地域の活性化に役立つためにも、自分のためにも、世界と戦えるデザイナーになりたいと考えています。

独立していろんな挑戦ができるように

前田 翼さん

TRIBECA代表/インテリアデザイン学科/2004年3月卒/体験入学で「デザインとは何か」をわかりやすく説明されたことが印象的でODCへ。卒業後、大阪の施工会社で商業スペースの現場監督として経験を積んだ後、単身でヨーロッパを巡る。帰国後、この時、描いたスケッチが内定の決め手になり、西脇一郎デザイン事務所に入社。「毎日描き、デザインが好きなことをアピールしました」。ブティック、スーパーブランドショップ、雑貨店、化粧品店、飲食店などのデザインや海外プロジェクト、コンセプトワークまでを担当。 2011年、独立してTRIBECAを設立。2014年からニューヨークで活動した後、2017年に帰国。インテリア以外の分野へも活動の幅を広げている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪デザイナー専門学校(専修学校/大阪)