• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪デザイナー専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 二宮 敏さん(インテリアデザイン学科/インテリアデザイナー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカデザイナーセンモンガッコウ

地元の愛媛をはじめ地域の豊かさや魅力を表現し、伝えていきたい

先輩の仕事紹介

いろんなジャンルの方から学びながら、その魅力をカタチにする仕事に喜びを感じます

インテリアデザイナー
インテリアデザイン学科/2002年3月卒
二宮 敏さん

この仕事の魅力・やりがい

インテリアなどの建築関連、グラフィック、WEB、映像、ブランディング、仕掛けづくりなど、あらゆるモノやコトをデザインしています。その過程で、クリエイティブ関係の方はもちろん、農家の方や染色技術の職人さんなど本当にいろんなジャンルの方々と話をして、学ばせてもらえることが何よりの魅力です。また、家を建てる・店を造るというのは依頼主さんにとっては一生に一度か二度あるかないかのこと。その覚悟を受けて設計デザインを任せていただけるのは非常にありがたいことだと思います。そして完成したり、プロジェクトなどの反響があったりして、依頼者や一緒に取り組んだ方々が喜んでくれることが、やりがいになっています。

分野選びの視点・アドバイス

高校1年生まで福祉の仕事に就くつもりでしたが、大工棟梁だった祖父の「モノづくりの仕事もいいよ」という言葉がきっかけで、建築デザインの道へ。ODCでは、有名な建築プロジェクトに携わった先生など第一線のプロから学んだことで大いに刺激を受け、がむしゃらに勉強しました。「思っていることは叶う」とよくいわれます。その実現のためには「こういうことをしたい」というイメージやモチベーションを高められる環境を在学中に作ること。本を読んだり、いろんなところに行ったり、さまざまな人と会ったりして、自分の夢を発見する。その夢を目標にして、結果が出たら次の目標に向かうという環境に身を置くことが大切だと思います。

福祉関連のデザインにも力を入れていきたい

これからかなえたい夢・目標

海外の仕事にも携わっていますが、世界的なデザインを見ていると、たとえば北欧のデザインには土地のライフスタイルや豊かさが可視化されています。ローカルでいてグローバルなのです。そういう意味では故郷の愛媛もグローバルになれる。豊かな資源、魅力があるのです。これまで地元に密着した仕事に取り組んできて、現在も愛媛県から多くの依頼をいただいています。2月には、愛媛県にある伝統的特産品の新たな魅力を発信する「新作展示発表会」の企画・クリエイティブディレクションを担当しました。これからも、地域の豊かさや地元で生きる人々の魅力、その価値をきちんと表現し、伝えることに取り組んでいきたいと思います。

インテリアを担当した愛媛県松山市のヘアサロン

二宮 敏さん

Nino inc.代表/インテリアデザイン学科/2002年3月卒/中学生のころからボランティア活動に励み福祉職に就くつもりだったが、祖父の言葉と建築デザイン雑誌「AXIS」を見たことがきっかけで建築デザインを目指すことに。「建築は、人の生活や使う人の気持ちや人生を考えなければなりません。それを3Dとか4Dで考えてカタチにするわけです。ODCで、そういう考え方や感覚を養えたことは、住宅や店舗デザインだけでなく、現在、幅広いジャンルのクリエイティブデザインを手掛けるうえで役立っています」。卒業後、地元・愛媛で起業。「道後アート2016」のプロデュースをはじめ、愛媛を拠点に国内外でマルチに活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪デザイナー専門学校(専修学校/大阪)