• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪ハイテクノロジー専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 範 菜々美さん(柔道整復スポーツ学科(昼・3年)/アスレティックトレーナー)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカハイテクノロジーセンモンガッコウ

スポーツに関わる人を助けたい気持ちが仕事の原点

先輩の仕事紹介

スポーツを愛する人、アスリートのケガをサポートしたい!

アスレティックトレーナー
柔道整復スポーツ学科/2016年卒
範 菜々美さん

この仕事の魅力・やりがい

小学校から高校まで、体操競技や陸上競技などのスポーツを通して、ケガばかりしていました。そんな時に家の近くの整骨院で施術をしてもらい、症状が改善した経験から、「私もケガで苦しんでいる人の力になりたい」と柔道整復師とアスレティックトレーナーの両方をめざしました。今はその両方の知識とスキルを活かして、幼児から高齢者まで幅広い人に施術を行っています。具体的には、高齢者の機能訓練やスポーツ選手に対するアスレティックリハビリテーションを担当していて、コンディション調整に役立つメニューの立案などにも関わっているところです。ずっとやりたかったことができている今は、本当に毎日が楽しく充実しています。

学校で学んだこと・学生時代

大阪ハイテクノロジー専門学校は、先生方と学生の距離が近く、何でも質問や相談がしやすかったという印象が強いです。分からないことをちゃんと聞けて、解消できるから、本当に良い環境でしたね。仕事では、学生時代に現場実習で身につけたことがいろいろ役立っています。実習に行く前には準備も怠ってはいけないですし、実習先では、学校とは違う環境で、素早く対応しなくてはならないので、大変でした。でも実習を通して身につけた対応力や考える力が、学生の時は気づきませんでしたが、仕事をするようになって、「すごく大事だったんだ」と思える場面は多々ありますね。そう考えると実習を頑張って、本当に良かったです。

実習で学んだことは今の仕事でも活かせている

分野選びの視点・アドバイス

柔道整復師とアスレティックトレーナーの資格取得のための勉強は、量も多く、内容も濃いです。勉強する中で時間が足りない、しんどいと思うこともあるかもしれません。そんな時は、将来の患者様のために、今何を勉強しておけば良いのかを考えるようにすると、きっと乗り越えられます。資格取得も同じです。今学んでいることは何のために、誰のためにということを意識して勉強すると自然と達成感もわいてきて、楽しくなってきますからね。しんどいだけの勉強だとおもしろくないし、続かないですから、ぜひみなさんも試してみてくださいね。将来の自分の夢を実現するためにも、楽しんで勉強してください。ちゃんと結果はついてきますよ!

一人でも多くの患者様をサポートするためにがんばる

範 菜々美さん

嶺尾整形外科勤務/柔道整復スポーツ学科/2016年卒/小さいころから体操競技や陸上競技に打ち込んでいた範さん。スポーツをする中でケガも多く、整骨院に行くことが多かったのだとか。そんな中で知ったのが柔道整復師とアスレティックトレーナーの仕事。大阪ハイテクノロジー入学後は、両方の資格を取得するべく、実習にも積極的に取り組んだ。現在は、夢だった柔道整復の知識も備えたアスレティックトレーナーとして、毎日多くの患者様をサポートしている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪ハイテクノロジー専門学校(専修学校/大阪)