• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪ビジネスカレッジ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 石橋 虎樹さん(ペットビジネス学科/ドッグトレーナー)

飼主さんの要望に応じたトレーニングを行っています

先輩の仕事紹介

登園するワンちゃんが走ってくる姿を見ると「楽しんでくれている」って感動するんです

ドッグトレーナー
ペットビジネス学科ドッグトレーナー専攻/2020年3月卒
石橋 虎樹さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私はしつけなどのトレーニングを行う犬の幼稚園に勤務しています。ドッグトレーナーの主な仕事は、ペットとして飼われている家庭犬が人と暮らしていくためのマナーを教えることです。朝10時の登園から夕方5時まで、ワンちゃんを預かって、一緒に遊ぶことから始まり、飼主さんのリクエストに応じた一頭ずつの個別トレーニングなどを行い、お迎えの時間になると今日の様子を記録したレポートを飼主さんにお渡しします。やりがいを感じるのは、登園する際にワンちゃんが私たちに走ってきてくれるとき。これを見るたびに、この子たちは楽しんでくれているんだなって感動しちゃって、もっと頑張ろうって気持ちを新たにする瞬間です。

学校で学んだこと・学生時代

ワンちゃんのことを学びたかったので実習を通してワンちゃんのボディランゲージを学べたのは良い思い出です。また社会人になって振り返ってみると、犬と関係しない教科の「ビジネスマナー」がカリキュラムに組まれていたことはすごくありがたかったと実感しています。挨拶から始まって、書類の書き方や敬語の使い方、お辞儀の角度、上司と食事するときのマナーも教えてもらいました。犬の専門家として知識だけ詰め込むのではなく、社会人として広く適応する人間を教育していくという配慮だったのだと思います。

学校の授業で社会人の基礎も身につけられました

分野選びの視点・アドバイス

私の経験から申し上げるとアドバイスは3つ。まず「やりたいことを明確にする」です。未知なことが多く、一つの分野を志望するには決意や覚悟も必要だと思います。だからこそ次は「いろんな人に聞く」。私は高校2年生から専門学校のオープンキャンパスや見学会などに何度も参加しました。その学校の先生やOB、在校生など、いろんな人から話を聞くことで、どんどん実像が見えてきました。そして最後は「自己分析で長所を理解する」です。私もたくさんやりました。私の場合は人と話すことが長けていると分析しました。ちなみに分析すると短所も見えてきますが、私は短所を治すより長所を伸ばして短所を目立たなくする派です(笑)。

飼主さんへ渡すレポートは大切なコミュニケーション

石橋 虎樹さん

株式会社阪急ハロードッグ(H2Oリテイリンググループ)勤務/ペットビジネス学科ドッグトレーナー専攻/2020年3月卒/動物に関心があり、なかでも犬が一番好きだった幼少時代、祖母の家で飼われていた犬に会った時、家族の中で自分だけに飛び掛かってくる様子を見てショックを受けながら「どうして自分だけ。犬は何を考えているのだろう」と気になったことがこの仕事に興味を持ったきっかけ。高校に進学すると、犬の気持ちをもっと専門的に知りたい、さらに犬が幸せに暮らせるように飼主さんのサポートをしたいという気持ちも湧き、大阪ビジネスカレッジ専門学校に進学。卒業後は阪急ハロードッグに勤務し、犬の幼稚園でドッグトレーナーとして活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪ビジネスカレッジ専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT