• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪ファッションアート専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 金本 恵里英さん(デジタルクリエイティブ学科/グラフィックデザイナー)

いい意味でお客様を驚かせたい。常に期待を超える作品づくりを心がけています。

先輩の仕事紹介

クライアント様の想いを一生懸命くみとる。そこから理想のデザインが見えてきます

グラフィックデザイナー
グラフィックデザインコース/2018年卒
金本 恵里英さん

この仕事の魅力・やりがい

主に商品パッケージ、カタログ、パンフレット、チラシをデザインし、商品そのもののデザインに関わることもあります。途中段階で何度もデザイン案を提出し、クライアント様の求めていらっしゃるイメージに近づける。 生みの苦しみはありますが、「想像していた以上のものができた」と評価していただくと嬉しくなります。また、消費者の声を拾い上げるためにエゴサーチして、「デザインが可愛い!」といった好意的な反応を見ると、モチベーションが上がります。大変なことと言えば、いくつかの案件が重なって時間が足りないときでしょうか。それでも手を抜かず、クライアント様の想いを最後までしっかりくみとりたいと思っています。

学校で学んだこと・学生時代

中学生の頃からの夢の1つが、好きなロックバンドのTシャツやグッズを企画・デザインすること。そのため大阪ファッションアート専門学校に入学し、造形、イラスト、CADなど、まずはファッションの基礎を学びました。そして、Tシャツコンテストに応募するため、初めてグラフィックデザインソフトのIllustratorを使ったことが転機となりました。手書きの絵は苦手だったのですが、パソコン上では思いのほかうまくいき、私の中で可能性が一気に広がったのです。もちろん、ファッション関係の授業も随所で今の仕事に活きています。例えば色彩に対する感覚は、そういった服飾の学びの中で培われたものと思っています。

このチラシやカタログの表紙デザインは自分がメインで担当しました。

分野選びの視点・アドバイス

よくセンスを磨くことが大事と言いますが、つまりは経験値を高めることだと思います。いろいろなものを見たり、人といろいろな話をして、これいいなと感じたものを頭の片隅にたくさん置いておく。そして、それらをいつでも引き出せるようにしておく。だから休日もできるだけ街に出て、いろいろなものを目に焼きつけています。映画や音楽も良い刺激になります。多くのモノやコトに触れることは、デザイナーとして良い仕事につながるだけでなく、自分自身の生活を豊かにしてくれると思うのです。学校選びに関しては、気になる学校にとにかく足を運んでください。学校の雰囲気と自分がマッチしているか。それが一番大切だったりします。

デザイナー同士で意見交換。情報を共有することで、お互いを高めることができます。

金本 恵里英さん

有限会社アトリエ・イングス勤務/グラフィックデザインコース/2018年卒/大阪ファッションアート専門学校で2年間学んだ後、和歌山・東京を拠点にデザイン全般を手がける有限会社アトリエ・イングスに入社。日用品の商品パッケージから企業や学校のパンフレットまで、デザインワークの領域を着実に広げている。当面の目標は、リーダーとなって各制作スタッフに指示を出す“アートディレクター”になること。オフタイムでは、最近スポーツジムに通うようになった。「仕事は楽しいのですが、たまには体を動かさないと」、とはにかむ金本さん。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…
大阪ファッションアート専門学校(専修学校/大阪)