• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪モード学園
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 奥川 哲也さん(メイク・ネイル学科(昼)/ヘアメイクアーティスト)

世界で活躍するために、語学力も磨いていきたいですね

先輩の仕事紹介

仕事は、難しければ難しいほど、やりがいや楽しさを感じられるものです。

ヘアメイクアーティスト
メイク学科(現:メイク・ネイル学科)/1992年3月卒
奥川 哲也さん

この仕事の魅力・やりがい

色々な仕事に関わることが出来るのがヘアメイクアーティストとしての楽しみの一つ。僕自身もこれまでに、雑誌や広告、映画、ドラマ、ファッションショーなど、ジャンルを問わず様々な仕事を経験してきました。相手の要求にも応えつつ、いかに自分らしいヘアメイクを作り上げるか。プロ同士、時には意見がぶつかり合う事もありますが、最終的にそれぞれの思いがうまく重なり合い、喜んでもらえた時は、何事にも代えがたい喜びを感じます。また海外での仕事は、流行や好みの違いから自分の考えの小ささを実感させられることが多々ありますが、そこで自分自身を一度ゼロにリセットすることが新しい発見にもつながり、とても良い刺激になっています。

学校で学んだこと・学生時代

僕がこの世界に入るきっかけとなったのは、高校時代の恩師の言葉。元々機械や絵が大好きで、その方面の道に進もうと工業高校に通っていたのですが、進路を悩んでいた際に仲良くしていた美術の先生から「好きな絵を活かしていきたいなら、キャンバスを顔に替えてみるという考え方もあるのでは?」というアドバイスをもらったことでヘアメイクという仕事に興味を持ち、新たな道が開けました。モード学園での学生生活は、山のような課題に追われていましたが、なりたい自分になるために必死で頑張っていたように思います。そんな日々も今となっては良い思い出。全てが今の自分を作り上げる大事な糧になっているのを実感しています。

ヘアメイクだけでなく撮影まで自分で行っています

分野選びの視点・アドバイス

今のこの世の中、夢に向かって進んで行くための入り口は広く、また数多くありますが、そこから実際にその夢をつかみ取るためには、強い信念が必要です。失敗したり、挫折しそうになることもあると思いますが、そこで投げ出したりせず、初心に立ち戻り、自分を信じて、前を見て突き進んでいくことが大事だと思います。また、自分が経験したことはひとつも無駄にはならず、必ず自分自身の引き出しとなるので、様々なことに興味を持って、少しずつ自分のものにしていくと良いと思います。たとえば僕は今、中国語を勉強しています。言葉を身につけ、仕事の幅をアジア、そして世界へと広げていきたい。これが僕のこれからの夢であり目標です。

自分らしく。新しく。日々挑戦の毎日です

奥川 哲也さん

dynamic所属/メイク学科(現:メイク・ネイル学科)/1992年3月卒/雑誌、CM、広告、コレクションなど、国内外を問わず様々なシーンでマルチに活躍されているトップヘアメイクアーティストの奥川さん。女優、タレント、ミュージシャン、モデル、著名人などを相手に、その人が持つ本来の美しさ、可愛さ、カッコ良さを引き出した、最先端のヘアメイクを作りだしている。優しい物越しや佇まいとは裏腹に、自分のやりたいことはとことん突き詰めるという意志の強さと前向きな姿勢が印象的。今後は、語学を身に付け、自分の仕事の幅と奥行きをより大きく広げていくと同時に、いずれは、次の世代の若いスタッフを育成する立場にもなっていけたらと話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪モード学園(専修学校/大阪)