• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪医療技術学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 畠山 さち子さん(言語聴覚士学科/言語聴覚士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカイリョウギジュツガクエンセンモンガッコウ

聴診器を使って行う、摂取嚥下障がいのリハビリ

先輩の仕事紹介

ことば、コミュニケーションの専門知識で患者様の生活復帰を支える!

言語聴覚士
言語聴覚士学科/2017年卒
畠山 さち子さん

この仕事の魅力・やりがい

発音がうまくできない構音障がいの子と関わり、言語聴覚士という仕事を知りました。そこから「ことば」と「ミュニケーション」に興味を持ち、言葉と聞こえ、嚥下などの障がいがある方のリハビリテーションを行うこの職業をめざしました。今は吉田病院で言語聴覚士として、急性期病棟を担当。患者様は脳血管障がいを発症して間もない方です。高次脳機能や認知技能、言語機能、摂取嚥下機能に障がいを持つ患者様の状態を評価し、患者様一人ひとりに合ったコミュニケーション方法や安全に食べられる方法・食の形態を考えています。的確な判断とリハビリテーションで、患者様が元の生活に少しでも近づけるようサポートするやりがいある仕事です。

学校で学んだこと・学生時代

大阪医療技術学園専門学校で、今も印象に残っているのはやっぱり実習ですね。病院という実際に自分が将来働くことになる場所で、言語聴覚士として働くみなさんの仕事を見て、体験して学べるのは良かったです。臨床現場でリアルな患者様とのやりとりやリハビリテーションを見ることで、自分が患者様をサポートする際の動きやコミュニケーションの取り方が、イメージしやすくなりましたね。それと、注意機能や記憶力の低下など、高次脳機能障がい者におこるさまざまな症状の理解やそれらが日常生活にどう影響するかなど、学生時代に「高次脳機能障がい学」で学んだことは、今まさに急性期病棟を担当しているので活かせています。

患者様の心に寄り添ったリハビリで笑顔を増やす

分野選びの視点・アドバイス

言語聴覚士の仕事では、患者様が伝えたいことを、理解することができ、サポートすることで「ありがとう」と言っていただける瞬間に数多く出会えます。医療分野で働くには、専門的な知識と技術が必要ですが、大阪医療技術学園専門学校では、臨床現場の経験が豊富な先生から学べることはもちろん、実習など自分が体験しながら学ぶ場がたくさんあるなど、医療現場で働く力を与えてくれます。もしみなさんも言語聴覚士に興味がある、なりたいと思われているなら、この学校で学ぶことをおすすめします。ぜひ言語聴覚士としていつか出会う患者様のために、一歩を踏み出してみてください。私も言語聴覚士の仲間が増えることを楽しみにしています。

「患者様のために」という思いを一つに仲間とがんばる

畠山 さち子さん

社会医療法人 榮昌会 吉田病院附属脳血管研究所勤務/言語聴覚士学科/2017年卒/発音がうまくできない構音障がいの子どもと関わった経験から、言語聴覚士という医療分野の職業を知り、めざすようになった畠山さん。医療分野の専門知識を身につけるために選び、入学した大阪医療技術学園専門学校では、病気のこと、リハビリテーションの方法、コミュニケーションの方法などを学んだ。現在は吉田病院附属脳血管研究所で、言語聴覚士として、日々多くの患者様と向き合っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪医療技術学園専門学校(専修学校/大阪)