• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪医療技術学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 津川 明輝さん(薬業科/医薬品登録販売者)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカイリョウギジュツガクエンセンモンガッコウ

新型コロナウイルス感染拡大の影響による、イベント・入試情報・資料請求に関する注意点について

医薬品の専門知識を活かし、お客様を支えられる仕事

先輩の仕事紹介

医薬品知識、接客技術、資格・・・。学校で身につけたこと全部が役立っています!

医薬品登録販売者
薬業科
津川 明輝さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私が働くサンドラッグは、全国に1000店舗以上の直営店・グループ店を展開するドラッグストアチェーン。その中で今私は、店舗の副店長として商品や売上金額の管理といったマネジメント、接客やお薬相談などの業務に携わっています。仕事では、お客様の色んな要望を丁寧にヒアリングし、薬の専門知識を活かしてベストなモノを提案。最終的に「ありがとう」「おかげで助かったわ」と感謝の声を直接いただけるのは、やりがいですね。ドラッグストアには、薬だけでなく、生活用品や雑貨などの商品を求めて来店されるお客様も多いため、商品知識を身につけるのは大変ですが、幅広い知識でお客様をサポートできた時も達成感を得られます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

医療系の仕事に就きたいという小さい頃からの夢を叶えるため、大阪医療技術学園専門学校の薬業科へ。学生時代に医薬品販売の知識や接客技術を学び、販売のアルバイトを経験したことをきっかけに店舗運営にも興味を持ちました。今のドラッグストアでの仕事は、身につけた知識を活かして活躍できる、やってみたいと思っていた店舗のマネジメントに関われる、その両方を実現できることに魅力を感じましたね。実際に働く中で今では、店長、その先の事業部リーダーなどにキャリアアップし、将来は会社を動かせるような人間になりたいという夢を持っています。きっと実現して、お客様だけでなく、社員や社会のためになるような仕事をしたいですね。

副店長として店舗運営にも関わり、毎日が充実

学校で学んだこと・学生時代

就職して感じたのは、大阪医療技術学園専門学校で学んだことの多くが、現場ですぐに活かせるということ。特に私が実感したのは、お薬相談の時。実際に学生時代、ロールプレイング形式で学んだ対応方法・流れが、会社でのフローと同じだったので、最初からスムーズに業務に取り組めました。それと、登録販売者や調剤報酬請求事務専門士、サービス接遇検定などの資格を在学中に取得していたことは、いろいろな場面で役に立ちました。イベントも多く学校に行くのが楽しかったという思い出も数多くありますが、やっぱり就職してから必要とされる知識がたくさん学べるのが、この学校の魅力だということを皆さんには伝えたいですね。

将来は、会社を動かすポジションで活躍したい!

津川 明輝さん

株式会社サンドラッグ勤務/薬業科/小学生の頃から漠然と医療業界で働きたいとの思いを持っていた津川さん。そんな中、医療・福祉分野を経験豊富なプロから実践的に学べる大阪医療技術学園専門学校に興味を持ち進学。入学した薬業科では、医薬品の知識をはじめ、お薬相談の方法や接客技術を学んだ。在学中は、登録販売者や調剤報酬請求事務専門士、サービス接遇検定など、複数の資格取得にも積極的に取り組み、見事合格。現在は、全国にドラッグストアを1000店以上展開するサンドラッグで副店長として活躍中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪医療技術学園専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT