• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪IT会計専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報システムコース

大阪IT会計専門学校 情報システムコース

定員数:
160人 (定員合計)

コンピュータセキュリティのプロを目指す!情報セキュリティアドミニストレータなど高度な資格も目指そう!

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • PCインストラクター

    パソコンの基本操作やソフトの使い方をわかりやすく指導

    パソコンスクールやパソコン教室で、一般のユーザーに対して、パソコンの基本操作や代表的なビジネスソフトの使い方などを指導する。パソコン初心者や操作経験の浅い人を教えることも多いため、単にパソコンに詳しいだけではなく、初心者が戸惑いがちなポイントを押さえてわかりやすく指導する技術も大切になる。資格がなくても仕事に就くことはできるが、ソフトメーカーや業界団体などが認定するインストラクター資格を取得して活躍している人が多い。企業や個人宅に出張して指導する場合もある。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

初年度納入金:2021年度納入金 126万円 
年限:2年制(3年制も有)

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの学科の特長

情報システムコースの学ぶ内容

ソフトウェア開発技術者の資格を取って、ITの最先端に対応できるシステムエンジニアを目指そう!
今日、あらゆる情報がパソコンや携帯端末などが利用されていて、最新の情報技術と確かな資格を持った情報処理技術者が求められています。そのようなニーズに応える人材を育成。プログラミング言語であるC言語をはじめ、システム設計、ネットワーク技術、データベース技術などを実践的なカリキュラムを通して学びます。
文部科学大臣認定「職業実践専門課程」に本校の全コースが認定されています
職業実践専門課程とは、専修学校の専門課程で職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成することを目的とし専攻分野における実務に関する知識、技術及び技能について組織的な教育を行うものが認定されます。今後さらに専門的な職業教育を行い、社会に貢献、活躍できる人材育成を目指し教育内容の充実を図ります

情報システムコースの授業

グループごとのゼミ学習方式で、楽しく学んで、確実に実力を身につける!
本学の授業における特色のひとつがゼミ学習。クラスを6~8人のグループに分けて学ぶ授業で、演習問題を解くときには、学生同士がお互いに教えたり、教えられたりすることもOK。先生に一方的に教えられる授業と違って、楽しい雰囲気の中で自然に実力が身につき、学習意欲もわいてきます。

情報システムコースの卒業後

毎年就職は絶好調!就職率99.43%、上場企業就職率28.02%(学園実績)
2020年3月専門課程卒業生の就職率は99.43%。民間企業就職者のうち上場企業就職者が占める割合を示す上場企業就職率は28.02%(学園実績)。※就職者1,573名、民間企業就職者1,538名、上場企業就職者431名。

情報システムコースの資格

経済産業省高度情報処理技術者試験に現役合格50名!(専門課程学園実績)
経済産業省高度情報処理技術者試験(ネットワーク・データベース・情報処理安全確支援士)において本学専門課程から2019年の現役合格は50名!また、経済産業省応用情報技術者試験現役合格85名(’19年)、経済産業省基本情報技術者試験現役合格396名合格(’19年)。ITのスペシャリストを目指そう!

情報システムコースの奨学金

本学では独自の学費支援制度を設けて、あなたの輝く未来をサポートします!
高校時代のスポーツ活動を評価し、入学金や授業料等の学費を免除する「スポーツ特待生制度」をはじめ、「特別奨学生試験」「資格や経歴による特待生制度」「学費延納制度」があります。オープンキャンパスで相談会も行っています。自分にぴったりの学費支援制度を見つけて賢く進学しよう!

大阪IT会計専門学校 情報システムコースのオープンキャンパスに行こう

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの学べる学問

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの目指せる仕事

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの資格 

情報システムコースの目標とする資格

    • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • 応用情報技術者試験<国>

    テクニカルエンジニア試験(ネットワーク)<国> 
    テクニカルエンジニア試験(データベース)<国> ほか

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの就職率・卒業後の進路 

情報システムコースの就職率/内定率 99.4 %

( 就職者1,573名 )

情報システムコースの主な就職先/内定先

    日本放送協会 (NHK)、東日本電信電話 (NTT)、KDDI、富士ソフト、アイ・エス・ビー、アイネス、アルプス技研、アルファシステムズ、インターネットイニシアティブ、NSD ほか

※ 2020年3月卒業生実績

学園全体。上場企業就職率28.02%。民間企業就職者1,573名,上場企業就職者431名※学園情報は学校概要参照

大阪IT会計専門学校 情報システムコースの問い合わせ先・所在地・アクセス

〒553-0003大阪府大阪市福島区福島6-9-21
TEL06-6454-4011(代)
osaka-sinro@all-japan.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市福島区福島6-9-21 阪神線「大阪梅田(阪神線)」駅から徒歩 8分
JR「大阪」駅北口改札を出て徒歩 8分
JR・阪神線「福島」駅から徒歩 3分
JR「新福島」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内