• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪外語専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 齋藤 奈々子さん(キャビンアテンダント・エアライン科(2年制) キャビンアテンダント専攻/客室乗務員(キャビンアテンダント))

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカガイゴセンモンガッコウ

お客さまに最大限のサービスは何かを考えながら仕事に励んでいます

先輩の仕事紹介

お客さまの記憶に残るフライトになるよう、一つひとつのサービスに心を込めたい

客室乗務員(キャビンアテンダント)
キャビンアテンダント・エアライン科 キャビンアテンダント専攻/2017年卒
齋藤 奈々子さん

この仕事の魅力・やりがい

仙台便に乗務した際のエピソードです。サービス中に、後方で咳をされているお客さまに気づきました。「お風邪ですか」とお声がけをし、少しでも楽になって頂きたいとお茶とキャンディをお席にお持ちしました。するとお降りの際に、「やはりJALはいいですね」というお言葉を頂戴したのです。そのお客さまは東日本大震災で被災された際にも搭乗され、当時の乗務員の対応に感動してJALのファンになってくださったとのこと。機内では一瞬の出来事が、お客さまの記憶に残るフライトにつながることがあります。大変な時期にも懸命にサービスをした仲間の努力を無駄にしないよう、感謝の気持ちを忘れず、全力で仕事にあたらなければと改めて感じました。

学校で学んだこと・学生時代

客室乗務員になるという夢への近道として、大阪外語専門学校に入学しました。在学中は、飛行機の客室を再現したモックアップ教室での客室業務演習や、ネイティブの先生による英語教育と資格対策など、客室乗務員に直結したカリキュラムで実践力を磨きました。中でも本番さながらの採用面接試験対策である「ジョブ・インタビュー演習」は印象深い授業の一つ。授業を重ねるごとに自信がつき、大きく成長できました。今でも、先生からいただいた「置かれたところで咲きなさい」という言葉を大切にしています。機内設備や環境のせいにすることなく、目の前にいるお客さまに自分ができる最大限のサービスは何かを考えながら日々仕事に励んでいます。

機内では、一つ一つのサービスに心を込めたい

分野選びの視点・アドバイス

国内外のお客さまと多く接する客室乗務員の仕事には、外国語がとても大切になります。国内線を運航しているジェイ・エアでも、外国からのお客さまが多くご搭乗されるため、的確なご案内をするためにも英語力は必要です。また、中国からのお客さまも多くいらっしゃいますので、第2言語として中国語も学んでおくと大変有利です。また、客室乗務員は忙しい業務の中でも、常に複数のお客さまに対してきめ細やかな配慮ができなくてはいけません。よりよいサービスをするためにも、まずはお客さまの様子に「気づく力」が必要です。皆さまにも、常に感謝の気持ちを忘れず、周りの様子に気づく力を日頃から大切にしていただきたいと思います。

在学中は、機内英会話、アナウンスなど英語の接客表現も学びました

齋藤 奈々子さん

株式会社ジェイエア/キャビンアテンダント・エアライン科 キャビンアテンダント専攻/2017年卒/客室乗務員になるという夢への近道として、大阪外語専門学校に入学。卒業後は伊丹空港をベースに国内地方路線の主翼を担うJALグループエアラインである株式会社ジェイエアに入社。「飛行機は決して客室乗務員だけでは飛ばすことができません。予約センターの方から始まり、グランドスタッフさん、整備さんなど、たくさんの仲間の力で飛ぶことが出来ています。その仲間とのつながりを感じながら、他の客室乗務員と連携してお客さまの安全を守り、定刻に目的地までご案内できた時にやりがいを感じます」と齋藤さんは語っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
大阪外語専門学校(専修学校/大阪)