• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪工業技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 川田 ひかるさん(建築学科/武蔵野美術大学3年)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカコウギョウギジュツセンモンガッコウ

先輩の仕事紹介

新たな建物と街が次々に生まれる東京で、刺激と学びに満ちた毎日を過ごしています

武蔵野美術大学3年
建築学科卒/2018年卒
川田 ひかるさん

この仕事の魅力・やりがい

大阪工業技術専門学校を卒業後、武蔵野美術大学の3年次に編入しました。所属するランドスケープゼミでは、「東京タワーの足元をリノベートする」というテーマに取り組んでいます。昼間は観光客や夜はライトアップで賑わう東京タワーエリアですが、朝はまだ未開拓な時間帯。そこに注目し、本屋さんやスポーツ分野の企業と提携し、「朝活」を企画しています。街全体を見つめながら、その中で建物のあるべき姿や建築の専門家の役割を考える現在の学びはとても興味深いです。東京は今、新たな建築物がどんどん生まれ、街の様子も変化しています。この場所でたくさんのことを学び、「人と人とが関わる空間」をつくる仕事に就きたいと考えています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

父がマンション建築などの現場監督の仕事をしていたこともあり、建物がつくられていく現場を小さい頃から見て親しんでいました。特に、自宅近くが現場になったときは、更地から建物の完成までの一部始終を目の当たりに。大きな建物が出来上がっていく様子に、「私もこの仕事がしたい!」と思うようになりました。大阪工業技術専門学校に入学時は現場監督を志望していたのですが、1年次の学びで設計を経験。コンペにもチャレンジしたところ賞をいただくことができ、設計のおもしろさに目覚めました。2年次のコース選択で設計を選び、「もっと勉強したい」という思いがどんどん大きくなったことから、武蔵野美術大学への編入学を決めました。

パソコン初心者から学び始めてCADをマスター!

学校で学んだこと・学生時代

学校での学びは、とにかく密度が濃かったです。特に2年次には、単に建物をデザインするというだけでなく、地域の活性化や街の中での人の流れを想定しながら設計を行うという、実際の建築家と同じような体験をしました。ここでは、街の特性や人の暮らしなど、さまざまな角度から建物を考えることの大切さを学びました。授業で印象的だったのは、先生方が日頃の仕事で体験しているリアルな出来事を話してくれたことです。建築分野の最新の情報を聞くことができるなど、とても勉強になりました。クラスメートはとても仲が良くて、お互いにアドバイスしながら課題に取り組みました。休日には一緒に建築めぐりに出かけたりしましたよ。

学生ラウンジは課題やおしゃべりにフル活用しました

川田 ひかるさん

武蔵野美術大学/建築学科卒/2018年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪工業技術専門学校(専修学校/大阪)