• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪航空専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • A Mさん(エアライン学科/客室乗務員(キャビンアテンダント))

大阪府認可/専修学校/国土交通大臣指定 航空機整備訓練課程校/大阪・兵庫

オオサカコウクウセンモンガッコウ

機内でのアナウンス時も笑顔でお客さまに語りかけます

先輩の仕事紹介

キャリア向上とともに求められる連携・判断力。成長にゴールはありません

客室乗務員(キャビンアテンダント)
エアライン学科・客室乗務員コース/2012年3月卒
A Mさん

この仕事の魅力・やりがい

最近の仕事上の大きな変化は、先任客室乗務員になったことです。フライトの責任者として、他の客室乗務員に指示を出すなど役割が大幅に増えました。機長や地上係員とやり取りをすることも多く、状況に応じた即座の判断力が求められます。例えば、気流による揺れが予想される場合、安全を優先してサービス内容を変更するかどうか機長の考えを伺うと同時に、自分の考えも提案しなければなりません。そして改めて、そのフライトにおけるサービスプランを立てていきます。自分がひとつ成長すると、また次の目標が見えてくる。JALグループには「チャレンジJAL宣言」というものがありますが、私もその一員として常にチャレンジしていきたいと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

高校時代に旅行で飛行機に乗ったときです。外国人の客室乗務員に目が釘付けになりました。すごく落ち着いていて女性らしく、それでいてかっこよく、しかも親しみが持てる上に、楽しそうに仕事をこなす姿が新鮮でした。それまで飛行機に乗ったことはほとんどなかったのですが、世の中にはこんな人もいるのかと衝撃を受けました。他の仕事の選択肢もありましたが、何と言っても客室乗務員のインパクトが強く、この仕事にチャレンジするようになったのです。そして念願叶い、憧れの客室乗務員に自分もなることができました。ハードルは高かったですが、諦めなくて本当に良かったです。専門学校で努力したことがすべて実を結びました。

日々、自分を磨いていけるのがこの仕事の魅力です

これからかなえたい夢・目標

新人の頃は、何もかもいっぱいいっぱいだったと思います。今は自分や後輩の立ち居振る舞い、身だしなみの隅々にも目が届くようになり、機内アナウンスに関しても、お客さま目線で実施できるようになりました。今後は接客面だけでなく、保安面もさらに磨いていきたいと思います。社内の訓練施設でエバキュエーションという緊急脱出の訓練を行うのですが、こちらの能力も高めていきたいです。実際このような事態は無いのが一番ですが、お客さまの命をお預かりする者として、常に100%の安全・安心を追求しなければならないと考えています。

毎日ベストのサービスを提供するよう心がけています

A Mさん

株式会社ジェイエア勤務/エアライン学科・客室乗務員コース/2012年3月卒/大阪府立花園高校出身/高校生のとき、客室乗務員の誇りに満ちた仕事ぶりや気品の高さに間近で触れ、感動。この仕事を目指すようになる。大阪航空専門学校に入学した時点では、英語は得意ではなかったが、積極的に勉強に取り組み、苦手意識を克服していった。現在はJALグループの(株)ジェイエアの客室乗務員として、大阪国際空港を拠点に国内各地を結ぶ便に乗務。「それぞれの土地の文化や人に触れるのはすごくいいこと」と語る。また、お客さまから興味深いさまざまなお話をお聞きすることで、知識がどんどんふくらんでいくという。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪航空専門学校(専修学校/大阪・兵庫)