• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪社会体育専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 健康スポーツ科
  • アスレティックトレーナーコース

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカシャカイタイイクセンモンガッコウ

アスレティックトレーナーコース

募集人数:
200人 (健康スポーツ科全体定員)

アスレティックトレーナーに必要不可欠なあらゆる知識と技能をマスターする

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

初年度納入金:2018年度納入金 115万円  (その他、テキスト代・ユニフォーム代・校外実習費などが必要です)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

スポーツ医学・スポーツ科学の専門知識や技能も習得しプロのトレーナーを目指します
スポーツ選手の健康管理や外傷の応急処置、予防対策、アスレティックリハビリテーション、コンディショニング、テーピングなどの実践知識までをかね備えたトレーナーを育てるのがこのコースです。スポーツ医学・スポーツ科学の専門知識や技能を身につけ、スポーツの現場で役立つアスレティックトレーナーを目指します

授業

トレーナーとして現場で活用できる実践的な技術を習得する『スポーツマッサージ』
『スポーツマッサージ』の授業では、スポーツシーンに欠かせないマッサージを講義による基礎理論によって理解したうえで、基礎技術、主要手技を身につけ、身体の各部ごとに正しいマッサージ法をマスター。アスレティックトレーナーとして現場で活用できる実践的な技術を習得します
アスリートの心強いサポーターを目指す『コンディショントレーニングI・II』
『コンディショントレーニングI・II』の授業では、選手が競技会や試合で実力を発揮できるよう、コンディションを高める方法や疲労回復の促進法を学習。さらに身体についての知識を正しく理解し、実際にアジリティー(スピードや瞬発力)、バランス等の運動を実践することで、現場でしっかり動ける能力を身につけます

先生

「学生一人ひとりを社会人として扱いアスリートが頼れるアスレティックトレーナーを育てます」
「この業界は、資格取得も重要ですが、それ以上に実践的で頼れる人、気配りができる人が必要とされています。本校での2年間はあっという間。基礎を身につけ、土台をしっかり作る時期です。だから私は、学生一人ひとりを社会人として扱い、厳しく(?)指導していくつもりです」と本コース担当の太田圭介先生

卒業後

多くの資格承認校だから資格を複数取得し、幅広い進路選択も可能
本校は、(公財)日本体育協会公認のアスレティックトレーナー、スポーツプログラマー、水泳教師、テニス教師、ジュニアスポーツ指導員などの講習会免除適用コース承認校。卒業生は企業チーム、トレーナー派遣会社、スポーツ施設トレーナー、リハビリ、クリニック関係等に就職しています

制度

難関資格のアスレティックトレーナー受験資格が得られる専攻科へ進む制度があります
アスレティックトレーナーコース卒業時に進学を選択できる『アスレティックトレーナー専攻(1年制)』があります。(公財)日本体育協会公認アスレティックトレーナーの受験資格を取得を目指せます。専攻科は現場での実習を主に、より充実したアスレティックトレーナー養成カリキュラムになっています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • アスレティックトレーナー 、
    • スポーツプログラマー 、
    • 健康運動実践指導者

    トレーニング指導者

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    社会福祉法人 江能福祉会 、 (株)PEP Osaka 、 アヴィススポーツ鍼灸整骨治療院 、 丹後福祉応援団 生活リハビリ道場 、 坂口整骨院(徳島県) 、 医療法人 清水会 橋波リハビリセンター 、 森整形外科 、 (株)T.N.S 、 (株)プロフェッショナルトレーナーズチーム 、 (株)タカメディカル ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒543-0052 大阪市天王寺区大道1-12-6
TEL 06-6773-0561
info@shatai.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市天王寺区大道1-12-6 近鉄「大阪阿部野橋」駅から徒歩 8分
JR「天王寺」駅から徒歩 6分
地下鉄「天王寺」駅から徒歩 5~8分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪社会体育専門学校(専修学校/大阪)