• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 在校生レポート一覧
  • 三ツ川 克己さん(ゲームデザイナー専攻)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカジョウホウコンピュータセンモンガッコウ

学生作品展「メディアフロンティア」

右へ
左へ

学生一人ひとりの作品力を業界に発信するOIC最大のイベント

大阪情報コンピュータ専門学校で、1年間のハイライト的なイベントが「メディアフロンティア」。各業界の人も関心を寄せるこの作品展について、初体験ながら実行委員として奮闘した三ツ川さんに聞いてみました。

ゲームデザインを学ぶ
ゲームデザイナー専攻
(2017年入学)
三ツ川 克己さん
  • ゲームデザイナー 志望
  • 大阪府 西寝屋川高校 卒
イベント運営、作品づくり、どちらも全力で頑張りました!

作品づくりに打ち込むみんなの姿やイベント当日の様子を撮影

学生実行委員会の事前ミーティングの様子。

全232作品、関わった学生の姿をたくさん収めていきます!

2月中旬に開催される作品展に向け、前年秋に学生実行委員会が始動。自分はアート映像部に所属していることもあり、撮影班に指名されました。イベント当日はもちろん、何ヶ月もかけて作品をつくる学生の姿を撮影し、記録映像を残すためです。僕はゲーム系ですが、さまざまな専攻の教室におじゃまし、異分野の作品にいち早く触れられるのは撮影班の特権。完成品を早く見たいと感じたのは言うまでもありません。

続々と人がやってくる! 晴れの舞台とあって、みんないい表情してます

メディアフロンティアが開催されるのは3日間。初日から開場と同時にどんどん人がやってきました。高校生、クリエイター志望と思われる同世代の人、学生の保護者など、いろんな人がいます。スーツを着ている人はおそらく業界関係者。この作品展に対する注目の高さがうかがえます。OICの学生はといえば、渾身の作品を見てもらえるとあって何となく誇らしげ。いい表情をムービーにいっぱい収めました。

エントランスにも作品展のポスターがずらり。気分が上がる!

ゲーム作品も多数出展されています。

僕のデジタルイラスト作品。タイトルは「夜蜘蛛は親でも殺せ」。

右へ
左へ

たくさんの人に見てもらえるから、クリエイター魂に火がつくのだと思います

やっぱり先輩の作品はレベルが高い。早く追いつきたいです。

来場者の方にプレゼン中の学生。反応良さそうですよ!

僕自身は今回、デザインソフトを使って描いたイラストを出品。土蜘蛛という妖怪をモチーフにし、現実離れした世界観に挑戦してみました。さすがに先輩の作品は凄くて刺激になりますが、いま自分が持っている力は出しきったと思います。多くの人が見ることになるため、意気込みは普段の120%でしたね。他の人もそうだったと思います。来年はもっともっとクオリティの高い作品を出品して、みんなを驚かせたいです。

先生からのメッセージ

メディアフロンティアは、作品を第三者に認めてもらう難しさを経験することで、クリエイターに必要な“ものづくりに対する意欲”が養えます。また、学生が主体的に運営を行うことで人間的な成長にもつながります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が通っているのは...

この学校のおすすめ記事

大阪情報コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)