• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 淵本 和馬さん(ゲーム系(2・3・4年制)/ゲームプログラマー)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカジョウホウコンピュータセンモンガッコウ

お客様が自由にプレイできるゲームをめざし、奮闘中!

先輩の仕事紹介

自分たちが作ったもので世界中の人を喜ばせられることに、すごくやりがいを感じる!

ゲームプログラマー
ゲーム系 ゲームプログラマー専攻/2012年3月卒
淵本 和馬さん

この仕事の魅力・やりがい

この業界ではゼロからものを作ることが多く、プログラマーはゲームを形作る為に非常に重要なポジションを担っています。また、プランナーやデザイナーの作業効率を良くするためのツールを作るのもプログラマーの仕事。プロジェクトが始まると終日プログラムと向き合うことになり、苦労の多い仕事ではありますが、自分たちが携わったゲームを求めて買いに来てくださるお客様を見るとそれまでの苦労が報われます。発売日に売り場で購入してくださるところを見ると自然と笑顔になりますし、Twitterなどで「面白い・楽しい」といったコメントを見ると喜びを感じます。自分達が作ったもので世界中の人を喜ばせられるのはすごくやりがいのある事です。

学校で学んだこと・学生時代

学生の頃はどうすれば面白いゲームが作れるか、そればかり考えていました。学んだ知識からどう組み上げればゲームに必要なプログラムができるか、どうすれば処理が軽くなり、誰にでも見やすいソースコードが打てるかなど、考えていない日が無いくらいでした。1日30分~1時間の睡眠で、残りはひたすらゲームを作るという週もありました。でも、大変だとは思いませんでした。それはゲーム作りがこの上なく楽しいからです!自分の周りもこんな無茶なことをしている人ばかりでした。もちろんゲームを作っているばかりではなく、ちゃんと市販のゲームもプレイしていました。常にいろいろな目線でプレイして、友人たちと情報交換していました。

より面白いゲームの完成をめざし、打合せを繰り返す

分野選びの視点・アドバイス

ゲームをプレイする人と作る人とでは、大きく意味が違います。ゲームを作る人は、プレイする人にいかに楽しんでもらえるかをいつも念頭に置いておかなければなりません。また、作るためにはあらゆる知識が必要になり、技術も日々進歩しているため常に勉強が欠かせません。もしプログラムに興味があるなら、一度書店でプログラムの本をパラパラ見てください。表紙や中身を見てワクワクする人は、プログラマーに適しているかもしれません。そういった方はオープンキャンパスなどの機会を活かし、積極的に行動していってください。自分は何を作って世に出していきたいか、そのためには何をすべきかを真剣に考えれば、おのずと道は開けると思います。

いろいろなことに挑戦できるのも、この仕事の魅力

【仲間と一緒に働く】を大事に働く先輩のインタビュー動画をチェック!

 

淵本 和馬さん

株式会社サイバーコネクトツー勤務/ゲーム系 ゲームプログラマー専攻/2012年3月卒/大阪市立西高校出身/アクション系のゲームを作りたくて、OICに入学。OIC在学中に1ヵ月間、インターンシップで現在勤務するサイバーコネクトツーに行き、技術が評価されたので、改めて受験して内定をもらった。「プログラマーもCGデザイナーも1つの部屋で開発にあたっている環境がOICにも似ていたのが気に入りました。インターンシップ中に、グループ制作で1本のゲームを作りあげたのですが、ユーザビリティなど不備があり、ダメ出しを何度ももらいました。実際の業界の方に指導していただき、インターンシップに参加してよかったと思います」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪情報コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)