• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 横原 文代さん(ゲーム系(2・3・4年制)/モーションデザイナー)

レベルファイブの代表的キャラクター“ジバニャン”と

先輩の仕事紹介

ゲームが好きで漠然と業界をめざしていた私が知ったモーションデザインという分野。キャラクターの感情が見える動きをつけて、命を吹き込みます!!

モーションデザイナー
ゲーム系 ゲームデザイナー専攻 卒/2017年卒
横原 文代さん

この仕事の魅力・やりがい

現在は、キャラクターにモーションをつける工程を担当しています。上司や先輩方の助言を参考にクオリティーを高める努力をする毎日です。まだ勉強中ではありますが、動きはキャラクターの印象を決める大事な要素なので、様々な感情や個性を反映したモーションを自在につけられる一人前のモーションデザイナーに、少しでもはやくなれるように頑張っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

昔からゲームが好きで、将来はゲーム制作に携わりたいと漠然と思っていました。OICに入学後、キャラクターを動かすモーションの分野をはじめて知り、この技術を得意分野として磨きたいと思いました。

“チャップ”に“マヨネ”“ブタ子”など、レベルファイブには愛らしいキャラクターがいっぱいいます。この子たちに命を吹き込みます!!

学校で学んだこと・学生時代

ゲームのキャラクターが斬り込む動作をする時、その動きがより自然に見えるように、スムーズなタメの動きなどを勉強していました。人間だけでなく動物の動きも身につけることを先生に勧められ、馬や鳥のモーションにも取り組み、その成果を就職活動に活かせました。

学生時代からレベルファイブのファンだったので、憧れの会社で働ける喜びを感じる一方、商品を作っていることへの責任も強く感じています

分野選びの視点・アドバイス

学校では、3Dキャラクターを作るモデリングから、リギング、モーション技術まで学べました。先生方はプロのクリエイターでゲーム業界の事情に精通されています。そのため、現場で通用するモーションを教えていただくことができました。また、ゲーム会社への就職活動の際のポートフォリオ用作品制作では、先生が学生一人ひとりを丁寧に指導してくださったので、私も目標とする業種や企業に合わせた作品を制作することができました。

横原 文代さん

株式会社レベルファイブ 勤務/ゲーム系 ゲームデザイナー専攻 卒/2017年卒

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪情報コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)