• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 今庄 和樹さん(Wライセンスシステム(2年制)/調理師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウ

一つひとつの仕事を丁寧に取り組むよう心掛けています

先輩の仕事紹介

モットーは「目配り」と「気配り」。お客様に最高のおもてなしを届けるために!

調理師
調理師科(Wライセンスシステム)/2015年3月卒
今庄 和樹さん

この仕事の魅力・やりがい

料理の道に進むなら、絶対に一人前の寿司職人になりたい…。その夢を叶える一歩として、東京の名店『銀座久兵衛』へ就職しました。現在の仕事はエビの皮むきをはじめ、素材の下ごしらえや準備・片付けが中心。時には先輩のご厚意でだし巻きにチャレンジさせてもらえる機会もあり、技術の幅を広げようと必死に努力を続けています。この世界の面白いところは、先輩それぞれがひとりの職人として、自分だけの技術や方法を持っていること。近くで見ているだけでも非常に勉強になり、寿司職人の奥深さを感じます。たくさんのお手本がいらっしゃるので、その技を必死に学びとって、自分自身の技術を確立したいですね。

業界ココだけ話!

僕の仕事のこだわりは、すべての人に対する「目配り・気配り」です。一緒に働く先輩や仲間にも意識が向かなければ、お客様にも目が届かないし、おもてなしの心も伝わりません。だから、先輩が何かを切ろうとしたら、言われる前に包丁やまな板をセットするなど、身近な部分にもきめ細やかな対応にこだわっています。一人前の寿司職人への道のりは、簡単ではありません。しかし、毎日同じ仕事をやっているようでも、お客様の顔ぶれや食材が変わるだけで、また新しい発見があります。日々の変化や成長を感じられる楽しさが、僕の毎日のモチベーション。この感動を忘れず、何年経っても料理を楽しめる料理人でありたいと思います。

尊敬できる方々とともに働ける毎日は刺激がいっぱい

学校で学んだこと・学生時代

“毎日実習”に魅かれて入学を決めたDAICHOの学生生活は、その期待通り非常に実践的でした。鱧やあんこうといった貴重な食材にふれられたほか、なんとそれらを一匹丸ごとさばく実習も! 幅広い技術だけでなく、視野も育ててくれた二年間でした。また、「基本はこう。でも、現場ならこうする」というように、プロの経験を交えた先生のアドバイスも役立つものばかり。先生の現場での成功談や失敗談を授業の中に盛り込んでくれて、すべてが就職後を見据えての指導だったんだなぁ…と、今になってその有難さを実感しています。在学中に重ねた一つひとつの経験を、これからも大きな支えにしたいと思います。

寿司職人の技術の奥深さを日々実感しています

今庄 和樹さん

『銀座久兵衛』ホテルニューオータニ タワー店勤務/調理師科(Wライセンスシステム)/2015年3月卒/生まれ育った大阪を飛び出し、就職とともに東京暮らしを始めた今庄さん。「東京に来た当初は本当に不安だらけでした。でも職場の皆さんがとても温かく、公私ともに支えてくださって…。今ではもうひとつの家族のような存在ですね」。その恩返しのためにも、早く一人前の寿司職人に成長したいと言う。「『銀座久兵衛』で働ける毎日そのものが、僕にとって大きなやりがい。“お店のために”という想いを常に胸に刻んでいます」。感謝の気持ちを原動力に変え、今日も厨房を元気に駆け回っている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校(専修学校/大阪)