• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 大谷 篤史先生(製菓衛生師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

個性を活かし、コミュニケーション力を伸ばしてくれる先生

製菓衛生師
製菓総合本科(2年制) 
大谷 篤史先生
先生の取組み内容

お菓子は人に驚きや元気を与えられます。おいしいお菓子を食べながら、会話を楽しむ。そんな幸せな時間を生み出す力があります。だからなのか、つくり手が楽しんでいるかどうかは、仕上がりにも影響すると考えています。私の授業では、学生がお菓子づくりやその工程を楽しんで取りくめるよう心がけています。授業では現場出身という経験を活かし、一つのことをさまざまな角度から伝えるようにしています。自分の個性が自分のケーキになります。私自身はチョコレートを扱うことが好きで、テンパリングの温度調節やピエスモンテ(工芸菓子)など、細かい作業が得意。ひとくくりに製菓といっても色々な活躍方法があります。DAICHOで自分に合う形を身につけてほしいと思います。

コミュニケーションを取りながらみんなで時間を共有し、一緒に授業をつくりあげることが楽しいです

授業・ゼミの雰囲気

仲間と情報や意見を活発に共有する。パティシエの仕事に必要なコミュニケーション力を伸ばす授業

活発に会話が交わされていて、クラスの一体感がある大谷先生の実習。作業する上で必要なコミュニケーションを取りながら、周囲と協力して進めることを重視しているからだ。伝えたいのは、一人では仕事はできないということ。情報共有や互いの気遣いはもちろん、より良い考えを生むために、自分の意見を伝えることも大切だ。「ホテルパティシエ時代、調理師やサービスなど多くの人と一緒に一つの婚礼や宴会を作り上げていました。授業を通じて自分の意見をはっきり伝えられるようになった姿を見ると、成長を感じます」。

いつか自分だけのお菓子づくりができるように。それぞれの個性に合わせて幅広い視点から教える大谷先生

キミへのメッセージ

お菓子が好きというだけでも立派なきっかけ!オンリーワンの個性を伸ばそう

お菓子づくりの魅力は一人ひとりの個性を伸ばせること。DAICHOでは個性を表現するために必要な技術を一から身につけられます。苦手を克服して成長し、自分だけの「得意」や「好き」を一緒に見つけましょう!

大谷 篤史先生

専門:製菓
高3でお菓子の道を志すも、父から大学進学を勧められる。「大学で勉強した上でまだやりたいなら本物」と自らも考え、4年間経営を学んだのち製菓の専門学校へ。卒業後はANAクラウンプラザホテルでパティシエとして現場経験を重ねた。両親は共に教師。自分もパティシエとして教える仕事に就きたいとDAICHOへ。「ホテルで多くの人と関わり、実感してきたコミュニケーションの大切さを学生に伝えたいです」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校(専修学校/大阪)