• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪調理製菓専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 畠中 克弥先生(製菓衛生師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

オオサカチョウリセイカセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

現場を想定した学びの中で、プロの自信を育てる先生

製菓衛生師
Wライセンスシステム(2年制) 
畠中 克弥先生
先生の取組み内容

ウェディングや誕生日など、ケーキはお客様の特別な日を彩るもの。一生の記憶に残る何かを手掛けられるパティシエの仕事は、大きなやりがいにあふれています。だからこそプロとしての確かな自信と、人間的な魅力も求められる世界でもあると私は思います。技術的な質問をされて答えに迷うようでは現場の信用を築けないし、礼儀を知らない人間には同僚やお客様もついてきません。謙虚な姿勢や努力を重ねた経験は、同じ材料、同じレシピでつくっても、不思議と“味”になって現れるもの。例えば、チーズが苦手なお客様から、「あなたのチーズケーキはおいしく食べられるよ」と言っていただける場面もたくさんあるんです。つくり手の想いや情熱を、お客様に伝えられるパティシエを育てること。その目標を胸に抱きながら、日々学生と向き合っています。

積み重ねてきたものを自信に変えられる、“筋の通ったパティシエ”をめざしてほしいですね

授業・ゼミの雰囲気

確かな基礎の上に、創意工夫もプラス。レシピに捉われない発想力を広げていく

たとえひと口がおいしくても、食べ終わった後にしつこさを感じるようでは、そのケーキの魅力は台無しになるもの。「全体の脂肪量を減らす、一部の材料を変える…など、アイデアひとつで食後の満足度も変わる。だから実習ではレシピに捉われない創意工夫を大切にしています」。もちろん、アレンジが広がるのは正しい配合への理解、すなわち確かな基礎があってこそ。そこで生きるのが毎日の実習だと先生は言います。「多彩なメニューにふれる経験が、基礎とともに味覚や発想力を育ててくれる。充実した実習はDAICHOの大きな強みです」。

さまざまな料理やお菓子にふれられるDAICHOの毎日は、技術・味覚・創造力のすべてを広げてくれる

キミへのメッセージ

字を書くような感覚で、技術を覚えられる。毎日の実習は大きな魅力です!

DAICHOの毎日実習は、まるで字を書くような感覚で、技術を身体に染みこませることができます。食べること、つくることは、人の生活に欠かせない分野。一生の役に立つ料理と製菓の技術を、ぜひ磨きにきてください!

「授業では現場の経験をたびたび学生に伝えています。学生の記憶に残る先生になれたら嬉しいですね」。

畠中 克弥先生

専門分野:製菓
DAICHOで教職に就く前には、業界の最前線で技術を磨き続けてきた畠中先生。数々の洋菓子店やウェディング施設の立ち上げにも携わるなど、高いプロデュース能力も各方面から評価されている。輝かしい実績を持つ先生だが、その素顔は趣味の畑作業をのんびりと楽しむ“ナチュラル系農業男子”だ。「いい野菜ができれば、つい自慢したくなるんです。おいしいものをつくりたい気持ちは趣味でも同じですね」。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪調理製菓専門学校(専修学校/大阪)