• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 履正社医療スポーツ専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 加用 麗香さん(柔道整復学科/柔道整復師・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

「夢をかなえるための勉強は楽しかったです」という加用さん

先輩の仕事紹介

学生スポーツに関わるという夢をかなえてくれる職業です

柔道整復師・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
柔道整復学科/2013年卒
加用 麗香さん

この仕事の魅力・やりがい

整骨院に勤務し、学生から高齢者までの患者さんを治療しながら、週に2~3日は大阪偕星学園高校サッカー部でトレーナーとして活動しています。サッカーの現場ではテーピングを巻いたり、トレーニング指導をしたり。柔道整復師ですので、グラウンドで骨折や脱臼をする選手が出ればすぐに応急処置を施したりもします。ケガをしていた選手が復帰して活躍するのを見るのは、素直にうれしいです。たった3年間の限られた時間の中で、一生懸命取り組むのが学生らしさだと思うし、青春している感じがとても好きです。普段は和気あいあいに接していますが、必要な時にはしっかり怒る。メリハリをつける中で自分も成長させてもらっていると思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

私、学生スポーツが好きなんです。陸上部員だった高校時代にケガが多くて、裏方のサポートに回ったことが経験がきっかけで、トレーナーを目指しました。誰かのために何かができて、学生スポーツに関わる仕事って何だろう? と調べて、この職業にたどり着きました。履正社のことは友達が教えてくれました。「3年間で、医療国家免許と日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナー資格が両方取れるよ」ということを聞いて、学校を見学してすぐに決めました。

学校で学んだこと・学生時代

今、現場でケガの処置が瞬時にできるのも、固定や整復の技術を学校で習ったからこそです。今でも授業の資料はたまに見ます(笑)。学生生活の中で印象に残っているのは、アメリカ研修、国家試験前のピリピリした空気、アスレティックトレーナーの現場実習の数々……色々あります。私は午前中に柔道整復の授業、午後からアスレティックトレーナーの授業で、お昼休みと3時間目が空き時間だったので、ランチに行ったり、すぐ近くの梅田で買い物をしたり、勉強をしたりと、有意義に時間を使えたと思います。今振り返っても、とても楽しい学校生活でした。履正社は先生と学生の距離がすごく近いので、将来のこともしっかり相談に乗ってもらえました。

加用 麗香さん

整骨院勤務/大阪偕星学園高等学校サッカー部トレーナー/柔道整復学科/2013年卒/大阪府生まれ。高校時代は陸上部に所属し、400m、800mで活躍。履正社医療スポーツ専門学校に入学後、柔道整復師の国家免許と日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナー資格を取得。現在は整骨院に勤務しながら、大阪偕星学園高校サッカー部トレーナーとして活動中。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

履正社医療スポーツ専門学校(専修学校/大阪)