• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • 大阪文化服装学院
  • 先生・教授一覧
  • 山本 香理先生(パタンナー)

こんな先生・教授から学べます

「人とともに生きている」 服に命を吹き込む先生

パタンナー
ファッション・クリエイター学科(昼・3年制) 
山本 香理先生
先生の取組み内容

パタンナーとは図面=型紙=パターンを作る人。デザイナーの描いた二次元のデザイン画を、三次元の立体的なものに変えていく重要な役割を担っています。「服は運動や呼吸をしていて、人とともに生きている」。シルエットや素材を知ると、動きやすく着心地の良い服を生み出すことができますし、かわいい、強い、元気、落ち着いているなど、人に与える印象を変えることもできます。デザイン、シルエット、TPO、価格、素材など、試行錯誤を繰り返して作り上げた服が、街中でお客様に着ていただいているのを見た時、パタンナーとして大きなやりがいを感じます。モノ作りをすることの楽しさや喜びを、ぜひ学生たちに知ってもらいたいです。

“生きた服”を作るには、素材選びもポイント。素材に合わせたパターンメーキングの技術を身につけましょう

授業・ゼミの雰囲気

着て・見て・感じることが、パターン技術の向上につながる!根気よく挑戦できる人ほど成長します

山本先生が指導するのは、「パターンプロダクト」の授業。パターンメーキング技術検定1級取得など、アパレルメーカーのパターン業務に即した効率的なテクニックを身につけます。パターン技術を磨くコツは、作った服を着てみること。先生いわく、「実際に袖を通した時に、どこに、どんな違和感があるか」を感じ、一つずつ直していくことが、スキルアップするための一番の近道だそう。パターンは、やればやるほど上手くなる技術。「もっとかわいくするにはどうすれば良いか」を考えながら、練習していきましょう。

一人ひとりとコミュニケーション。作品作りに対する学生の希望や方向性を確認しながら指導します

キミへのメッセージ

「より良い物を作りたい!」という気持ちが大切。流行は常にチェックしよう

ファッション業界を目指すなら、流行には敏感で!デザイナーから上がってきたものをそのままパターンにするのではなく、「この服をもっと良い物にしよう!」と工夫できるパタンナーになってください。

「初めて自分が作った服が店頭に並んだ時は本当に感動しました。この喜びを学生にも感じてもらいたいです」

山本 香理先生

専門/パターンメーキング、立体裁断
略歴/アパレルメーカーでデザイナー兼パタンナーとして、自社ブランドの商品を手がける。その後、OEM(相手先ブランド)・商社などさまざまな業態でパタンナーを経験した後、フリーパタンナーとして活動。現在、大阪文化服装学院教員。メンズ以外のレディース、子供服、ニット、カットソーなどあらゆるパターンを自在に操る。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

大阪文化服装学院(専修学校/大阪)