• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際文化理容美容専門学校国分寺校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 青田 充さん(理容科/理容師)

東京都認可/専修学校/東京

コクサイブンカリヨウビヨウセンモンガッコウコクブンジコウ

オープン以来、着実に現地のゲストが増えてきています

先輩の仕事紹介

技術力とサービスは世界の共通言語。お客様から喜びの声、感謝の言葉がやりがいです!

理容師
理容科/2007年3月卒
青田 充さん

この仕事の魅力・やりがい

現在はニューヨークにある「THE BARBER SOHO NEW YORK」でトップスタイリスト(Branch Manager)を務めています。理容師には、サロンワークだけでなく、撮影など様々な分野の仕事があります。その中から、やりたい・なりたいと思う仕事を自分で選んでいける部分が、「理容師」という仕事の魅力の一つだと思います。特にサロンワークにおいては、お客様と直接向き合う事ができますし、お客様から喜びの声、感謝の言葉を直接頂いた時には、「この仕事を続けていてよかったな」と、やりがいを感じます。

この分野・仕事を選んだきっかけ

理容師の道に進もうと思ったのは中学生くらいの時。その当時、カットをして頂いていた方が人としてすごく魅力がある方で、その方に憧れて理容・美容の業界を目指そうと思ったんです。また、祖母が美容師で、人を美しくするという仕事が身近だったことも、きっかけの一つでした。国際文化では理容科で学びました。カットやシェービングといった理美容の技術はもちろん、様々な事ができるようになりたかったので、課外授業や選択授業を通じてメイクや特殊メイク、ネイルなど幅広く学びました。また、コンテストに出場する事も好きでしたので、腕を磨いて様々なカットコンテストに挑戦してました。

日本で培った技術力とサービスを活かしています

分野選びの視点・アドバイス

自分がどんな風になっていきたいのか、漠然とでも理想を持つ事が大切です。また、ある分野をめざすうえでは、先輩であったり、その分野の先駆者など、どんな人でもいいので、その分野の参考になる人を見つけることができるとベストだと思います。また、色々なことに興味を持つこと、「知ろう」と思うことも、とても大事なことだと思います。

感度の高い人が集まるソーホー地区。毎日が刺激的!

青田 充さん

ULTIMATE BARBERS INTERNATIONAL INC. THE BARBER SOHO NEW YORK 勤務/理容科/2007年3月卒/「年を取っても技術者をやっていけるのは理容師かな?」という思いから理容科を選んだという青田さん。国際文化の学生だった頃、「THE BARBER」を見学し、「理容師ってこんなにカッコイイんだ!」と驚くとともに理容師でやっていくことに迷いがなくなったという。国際文化理容美容専門学校を卒業後は「THE BARBER」へ就職。現在は2018年5月にニューヨーク・ソーホー地区に進出した同店のマネージャーを務めている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際文化理容美容専門学校国分寺校(専修学校/東京)