• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 国際文化理容美容専門学校国分寺校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小俣 ちひろさん(美容科/美容師)

磨いた技術でお客様に喜んでいただけることがやりがい

先輩の仕事紹介

お客様の生活に寄り添える仕事。「もう一度会いたい」と思っていただける存在に!

美容師
美容科/2015年3月卒
小俣 ちひろさん

この仕事の魅力・やりがい

スタイリストとしてデビューして9ヶ月が経ちました。スタイリストはお客様の生活に寄り添うことができる仕事。私の技術をお客様が喜んでくださることに、やりがいを感じています。卒業式や成人式といった一生に一度の機会に携わることも多く、そんな大切な日にも「任せてよかった」と思っていただけるよう、精一杯頑張っています。数多くの美容室の中から選んで来てくださっているお客様のためにも、技術面はもちろん、コミュニケーションの面でも「もう一度会いたい、また行きたい」と感じてもらえるようなスタイリストになりたい。これからはもっと周りにも目を向けて、小さな目標を積み重ねながらステップアップしていきたいと思っています。

学校で学んだこと・学生時代

入学当初はネイリストになろうと思っていたのですが、いろいろなことを学ぶうちに考え方が変わってきました。国際文化理容美容専門学校には美容師の方が頻繁に来てくださっていて、技術を間近で見る機会が多くありました。目の前でカットやカラーなどの施術をしている姿を見て、自分の手で見た目も気持ちも変えていく美容師にとても魅力を感じたのを覚えています。それからは美容師になるために学びました。ルールがしっかりと決められている学校なので、技術や知識だけでなく、社会に出て働く上で必要な人間性も成長させてくれる環境があり、知らず知らずのうちに、社会人として当たり前のマナーも身についていたのだと実感しています。

「誰かのためになる仕事がしたい」という思いが原点

分野選びの視点・アドバイス

自分が興味を持っていることすべてに挑戦してみるといいと思います。美容といってもいろいろな分野がありますよね。ひとつのことに絞るのもいいですが、もし迷っているなら、幅広く学べるところを選ぶことも大切ですよ!さまざまなことを学びながら自分に合うものを探すことができれば、何がやりたいのかが明確になってきますから。また、オープンキャンパスなどにも参加して、学校の雰囲気を知っておくのもおすすめです。先生と生徒の距離感や授業の様子など、自分の肌で感じてみてくださいね。国際文化理容美容専門学校は、時間やルールを守りながら、仲間とともに成長していくことができる場所です。きっと楽しみながら学べると思います。

実際に使ってよかったものをお客様にお勧めしています

小俣 ちひろさん

CIECA. 勤務/美容科/2015年3月卒/はじめはネイリストになろうと考えていたという小俣さん。国際文化理容美容専門学校で学ぶうちに、美容師の仕事の楽しさ、素晴らしさに触れて美容師を目指すようになったそう。卒業して5年、現在はスタイリストとして活躍中。「アシスタントのころからのお客様が、今でも来てくださっているのがとても嬉しいですね」。今はスタイリストとして、一歩ずつ前に進んでいくことが目標と語る小俣さん。同時に、今後はスタッフ教育にも力を入れていきたいと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

国際文化理容美容専門学校国分寺校(専修学校/東京)