• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 筑波研究学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営情報学科

茨城県認可/専修学校/茨城

ツクバケンキュウガクエンセンモンガッコウ

経営情報学科

定員数:
60人

ITスキルと専門性の高い資格取得で「IT・ビジネス・公務員」のプロを育成。

学べる学問
  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 政治・政策学

    行政・都市・民族・外交・産業など多方面から政治のあり方を考える

    政治学では、理論と実例研究を通して国際社会や国家、地域社会などの政治現象を研究する。政策学は、フィールドワークを基礎にした問題発見・解決型の社会科学。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 警察官

    日々の防犯活動と、事件・事故の迅速な解決が要。人々の生活と安全を守る

    社会の治安を守るために、個人の生命や身体、財産を保護し、犯罪の予防や鎮圧、捜査、被疑者の逮捕、交通の取り締まりなどを行う。警察官には、巡査、巡査長、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監といった階級がある。

  • 消防士

    火災や災害の現場で人命を守り、防災にも努める

    火災から人命、財産を守るとともに火災、水難、地震などの災害による被害を極力軽減し、予防にも力を注ぐ。建設物の防災上の安全確保の検査、ガソリンスタンドなどの危険物施設の許可行政、危険物取扱者に対する指導などもその仕事の一つ。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

初年度納入金:2020年度納入金 99万円 
年限:2年制(公務員受験対策科は1年制)

学科の特長

学ぶ内容

マネジメントのできるプログラマーやリーダー候補を育成「情報処理コース(2年制)」
マーケティングなどの「経営分析」とAI(人工知能)を使ったデータ解析などの「最新のIT事情」に詳しい人材は、一般企業・公共団体問わず求められる存在となっている。このコースでは、ビジネスプロセスとITの両方を理解できる「次世代を担えるビジネスマン」を育成。コンピュータマニアだからこそ、役に立つ。
事務、販売営業、経理、企画広報で活躍できる人材を育成「ビジネスコース(2年制)」
企業は、顧客と直接向き合う販売や営業職、お金の流れに携わる経理や会計職、全般的な管理などを行う事務職と幅広い職種から成り、社員一人ひとりにそれぞれの専門性が求められる。ビジネスコースでは、企業人として必要な経営知識、簿記や販売管理などの各専門知識を習得したビジネスパーソンを育成する。
「少人数授業」と「学び合い学習」により短期間で実力をつける「公務員受験対策科(1年制)」
初めて公務員採用試験の受験を考える人でも、TIST独自のカリキュラムで一人ひとりに合った学習計画の立案・受験先の選択・週1回以上の模擬試験を行い、確実な実力を備え、最短距離(6か月)での合格を目指す。

カリキュラム

ビジネスの知識と情報処理技術を学習
情報処理コースとビジネスコースでは、幅広いビジネス分野に適応するために、ビジネスの流れ(プロセス)やヒト、モノ、カネ、情報の動きなどの知識を身に付ける。同時にWeb制作や表計算、文書作成などの情報処理技術を共通で学習する。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    IT業界でエンジニアとして働く自分をイメージし、精一杯知識・技術の習得に励んでいます。

    いちばんの決め手は茨城県内トップクラスの就職率の高さです。ITエンジニアになると決めていたので、必要な資格を複数取得でき、確実に就職できる学校を探しました。本校は多くの企業と連携した産学協同の学校で、実践で役立つ技術が身につく事も魅力でした。

    筑波研究学園専門学校の学生

資格

多様な資格取得・公務員合格を目指し、「受験対策講座」を提供
学生全員に多くの資格を取得して社会へはばたいてもらうために教員が授業以外にサポートする「受験対策講座」が好評。放課後や長期休暇中に資格別に実施している。また高校生向けの講座も実施している。
情報処理技術者試験午前試験が免除
本校の学生はサーティファイ情報処理技術者能力認定2級の取得と、校内で開設される講座を受講し修了することで、IT分野で権威のある国家資格「情報処理技術者試験」の午前試験が免除される。午後の試験に合格すれば国家資格が取得できるという、大変有利な講座を受講できる。

募集コース・専攻一覧

  • 情報処理コース(2年制)

  • ビジネスコース(2年制)

  • 公務員受験対策科(1年制)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 応用情報技術者試験<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • 情報セキュリティマネジメント試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • ORACLE MASTER  、
    • Webクリエイター能力認定試験 、
    • 日商簿記検定試験 、
    • 販売士 (リテールマーケティング) 、
    • サービス接遇検定 、
    • Java【TM】プログラミング能力認定試験

    電子会計実務検定 
    Cisco CCENT(ICND1)
    実用数学技能検定
    日本語検定 ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

システムエンジニア、ネットワーク管理者、経理・総務・一般事務、営業販売、公務員、他

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒300-0811 茨城県土浦市上高津1601
フリーダイヤル0120-508-298
nyugaku@tist.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県土浦市上高津1601 「土浦」駅から桜ニュータウン行 関東鉄道バス6番 15分

地図

 

路線案内