• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中部楽器技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊藤 彰吾さん(音楽サービス創造学科/管楽器修理技術者、営業)

修理した楽器で、お客さまが笑顔になるのが励みです。

先輩の仕事紹介

音楽や楽器に精通したセールスエンジニアとして、さまざまなニーズに応えていく。

管楽器修理技術者、営業
音楽サービス創造学科/2020年卒業
伊藤 彰吾さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

1971年、長野県で開業した株式会社コダマ楽器に勤務しています。私の地元で長年愛されている総合楽器店です。多数のメーカー特約店として、ピアノや管・弦楽器などの販売や修理、調律、音楽教室や貸スタジオなど事業展開しています。私は管楽器の修理技術者として、楽器修理や小学校から大学まで幅広く営業を行なっています。修理や営業で適切なアドバイスや最適な商品提案ができるよう情報収集や技術研鑽を続け、その結果が少しづつ現れてきました。地元の小学校に鍵盤ハーモニカを購入いただけたことと、それらを楽しそうに吹いている児童たちの笑顔が見れたことです。心を豊かにする音楽文化をこれからも支えていきたいと強く思いました。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小学生の頃、金管バンドでお世話になった楽器店員の方に憧れ、「音楽や楽器の楽しさを提供したり、演奏者を技術でサポートできたら」という思いが芽生えました。私の地元は、音楽文化が根付いており、音楽を楽しむ方々は多くいらっしゃいます。そのような地元で就職を実現でき、学習環境が整った中部楽器技術専門学校に興味を持ちました。やはりHPではわからない部分もあり、オープンキャンパスにも参加して、学校の設備や施設、雰囲気を確認しました。在学生の方々は、真面目で向上心があり、講師陣との距離も近く感じました。また、講師陣の指導力も魅力だったため入学を決めました。

持ち前の明るさとコミュニケーション力が活かされる。

学校で学んだこと・学生時代

私が在籍していた「音楽サービス創造学科」では、企業と編成したカリキュラムで、ピアノ・管・弦楽器などのルーツや進化、技術を体系的に学んでいきます。また、舞台実務、ビジネス力や演奏力も身につけていきます。それらの学びの中から、適性や興味、将来に合わせ専門知識と技術を選択していきます。そのため、就職分野が広がり舞台やイベント関連企業に就職したクラスメイトもいます。私は楽器を修理する際、修理箇所や程度を見極める目が養われたと感じますし、販売や営業をする際、お客さまのニーズに合うご提案ができるようになってきたと感じるのは学校での学びのおかげと思います。そのため、任せていただける仕事も増えてきました。

教育楽器も対応でき、ためらわず適切な処置ができる。

分野選びの視点・アドバイス

私のように「地元のお世話になった楽器店で働きたい」という強い思いの方や、「音楽や楽器が好き」「地元を音楽で元気にしたい」「音楽の楽しさを広めたい」「工房が持ちたい」など、音楽や楽器に携わっていきたい方にはオススメです。まだやりたいことが漠然としている方でも「音楽サービス創造学科」では、学びながら専門分野を選択できるシステムですし、インターン実習で楽器店や劇場、コンサートホール、野外フェスなどで実践を積むので、じっくりと自分の適性や強み、興味などを見極めていくことができます。楽しみながら学び、幅広い選択肢の中から進路を決めていくことができるのは「音楽サービス創造学科」だけです。

先輩からアドバイスをいただき、貪欲に吸収していく。

伊藤 彰吾さん

株式会社コダマ楽器勤務/音楽サービス創造学科/2020年卒業/金管バンドでお世話になった楽器店員の方に憧れ、「音楽や楽器の楽しさを提供したり、演奏者を技術でサポートできたら」と小学5年からこの道を目指す。学生時代は楽器の知識や技術の学びと併せ、広報スタッフとして仲間と学校PRのための情報発信やオープンキャンパススタッフなどで活躍。現在は、長野県の株式会社コダマ楽器で、楽器の販売や修理、営業などを担当。「幅広く業務を任される楽器店では、学校での総合的な学びが活かされています。授業での知識や技術はもちろん、広報スタッフとして培われたコミュニケーション力や企画力が販売や営業に活かされています。」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

中部楽器技術専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT