• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • 中部楽器技術専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小倉優彩菜さん(ピアノ調律科/ピアノ調律師)

お客さまの感謝の言葉が、仕事のやりがいや誇りとなる

先輩の仕事紹介

ピアノに対するお客さまの思いを大切に、真摯な対話を心がけて音色を整えていきます。

ピアノ調律師
ピアノ調律科/2020年卒業
小倉優彩菜さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

私は、三重県にある有限会社朝日楽器に、ピアノ調律師として勤務をしています。家庭調律と工房で中古ピアノの再生を行っていますが、どれか一つの業務に特化するのではなく、ピアノ全般の業務に携わることができ、調律師としての引き出しが増えてきたと感じます。お客さまも、ピアノ初心者の方からプロの演奏者までと幅広く、毎回ご依頼にワクワクしながらも試行錯誤しています。「音がキレイになった。」「壊れていたピアノが直った。」とお客さまから感謝の言葉をいただくと、人の役に立てる喜びで「次も頑張ろう」という気持ちになります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃からピアノに親しみ、音楽がとても好きでした。その大好きな音楽に関わり続けたいと、調律師に憧れを抱くようになりました。高校2年生の頃、調律師を目指すことに決め、Webサイトで学校調べを行いました。気になる学校のHPを見たりしましたが、実際に足を運んで確認しようと中部楽器技術専門学校のオープンキャンパスに参加しました。豊富な就職実績や国家資格「ピアノ調律技能士」を目指せる指導はもちろん、講師陣や在学生の雰囲気、充実した施設・設備などを直接確認でき、この学校なら安心して2年間通えると確信して、入学を決めました。

感性を研ぎ澄ませ、お客さまの求める音を探っていく

学校で学んだこと・学生時代

私が在籍したピアノ調律科では、調律・整調・修理の技術を段階的に習得しました。ピアノの種類(メーカー)・台数も豊富で、プロの現場と変わらない設備や環境で学べたことは、今とても役立っています。私は2時間かけて三重県から通学していましたが、それでも学びたい知識・技術がこの学校にはありました。一番の思い出は、ピアノを再生させる研修です。4人で1台のピアノを再生するのですが、難しくできない作業や、なかなか上手にできない作業があると友達同士でコツを教え合ったりしながら、ともに技術力を磨いていきました。人と協働して作業を行う、今の工房作業に直結しているので経験して良かったと思います。

傷ついたピアノの外装を、丁寧に美しく蘇らせる

分野選びの視点・アドバイス

ピアノが好きな方はもちろん、手に職をつけたい方や細かな作業が好きな方にもオススメです。私は、何を重視していくかを明確にしながら就職活動をしました。調律師の仕事は、家庭調律だけではなく幅広いため、業務内容を重視しながら理想とする企業と巡り会うことができました。その際、進路指導部やインターン実習先からのアドバイスは、助けとなりました。みなさんも、ピアノにどのように関わりたいのかを、周りのアドバイスも参考に、明確にしていくとよいと思います。

言葉の受け捉え方は人それぞれ、観察力が磨かれる

小倉優彩菜さん

有限会社朝日楽器 勤務/ピアノ調律科/2020年卒業/幼い頃からピアノを習っていて、将来はピアノに関係する仕事に就きたいと思っていました、。調律師を目指そうと学校を調べたところ、全国各地に多くの調律師を輩出している中部楽器技術専門学校を知り、進学を決めました。卒業後は、念願だった国産・輸入ピアノ、中古ピアノの販売、買い取りを全国的に行っている企業に就職。「ピアノに合った調律やお客さまのご要望に沿った調律ができるように、より多くのピアノに触れたいと考えています。そして地元の人たちに、音楽やピアノのある暮らしの素晴らしさをお伝えしていきたいです。」と語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
中部楽器技術専門学校(専修学校/愛知)
RECRUIT