• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 愛知
  • トヨタ名古屋自動車大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 松野 来さん(高度自動車科/技術企画職)

愛知県認可/専修学校/国土交通大臣指定/愛知

トヨタナゴヤジドウシャダイガッコウ

現場を視て、考えて、会話することを大切にしています

先輩の仕事紹介

コミュニケーションを大切にしながら、サービスエンジニアの育成・拡大に尽力したい。

技術企画職
高度自動車科/2007年3月卒
松野 来さん 

この仕事の魅力・やりがい

入社後、海外サービス部門やサービス技術サポートなどの業務を経て、現在の部署へ。今は職場環境の改善や教育支援を行い、サービスエンジニアの育成・拡大に力を入れています。月のうち10日ほどは全国に出張し、各地の販売店・エンジニアの方達と、業務や職場の課題などを共有。改善点を提案し、ご協力を仰ぎながら好事例を作れるよう、日々努力しています。やはりうれしいと感じるのは、販売店やエンジニアの方から「業務が効率化した、仕事の成果があがった」と喜んでもらえた時ですね。今後は更に「エンジニアになりたい」という人を増やしたい。エンジニアの方が、業界で活躍するための職場づくりをサポートしていきたいと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼い頃から機械や乗り物が好きで、自転車を分解したこともあるほど。工業高校へ進学し、将来を考えた時に「機械が好き、人の役に立つ仕事に就きたい」という思いを活かせる、自動車整備士の道に進もうと思いました。そんな時、トヨタ自動車直営の学校があると知り、「2人に1台の実習車で学べる」「トヨタ系企業への高い就職率」に魅力に感じ、入学を決めました。トヨタ自動車株式会社へ入社したのは、視野を広く持って仕事をしたいと考えたからです。現在の仕事は、エンジニアの知識・技術を持っているからこそ、任せてもらえた仕事。技術者として、サービスエンジニアの方や販売店の方と話ができることは、大きな武器だと感じています。

顔が見えないからこそ、電話での会話にも気を配ります

学校で学んだこと・学生時代

4年間みっちり車の技術・知識を学びました。一級自動車整備士の国家資格や、トヨタ技術検定などの資格も取得。実践的な授業が多く、故障したクルマを直すまで帰れないなど厳しい部分もありましたが、その分技術が身につきました。また身だしなみや礼儀など、社会人としての基礎も教えていただき、「モノづくりは人づくりから」という考えのもと、人間力も磨けました。また全国から多くの学生が集まる、地域との関わりも深い学校だったということもあり、人とのコミュニケーション力がついたと感じます。卒業生が全国にいるため、出張先で先輩や後輩に出会うこともあります。こうした学校を介した人との繋がりも、いまの仕事には欠かせません。

好事例を全国に展開することも、大切なミッション

松野 来さん 

トヨタ自動車株式会社 カスタマーファースト推進本部 国内サービス部 企画総括室 /高度自動車科/2007年3月卒/「仕事は、人と人とで成り立っている」という思いで、日々業務に取り組んでいると話す松野さん。休みの日は愛車を洗車したり、ドライブに出かけることも多いとか。時には学生時代の同級生や先生と食事に出かけることも。学生時代に築いた人間関係を大切にして、現在も交流を続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

先輩の仕事について学ぶ
トヨタ名古屋自動車大学校(専修学校/愛知)