• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 町田・デザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 長田 舞夏さん(建築学群 建築デザイン科/設計士)

先輩の仕事紹介

家が完成し、お客様へ引き渡せたときが最高の達成感!やりがいのある仕事です

設計士
建築デザイン科卒(インテリアデザイン科入学後、建築デザイン科へ転科)/2016年卒
長田 舞夏さん

この仕事の魅力・やりがい

家を建てたいというお客様を営業から紹介され、どういう家を建てたいかという最初の打ち合わせからプラン・設計を考えて、役所への申請業務、間取りや壁など週に1回お会いして細かい打ち合わせ、建築現場の状況把握、最後の引き渡しまで関わっています。設計士という職種ですが、図面を描いたり、デザインを考えるだけでなく、すべての工程に携われるというのが今の仕事の魅力ですね。入社して3年目くらいから、担当を任されお客様のお問い合わせにも対応ができるようになりやりがいを感じています。お客様へ図面やパースとか平面図でお見せしてきた家が立体となって出来上がり、引き渡しできたときは一番の達成感と感動があります。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子どもの頃、家族とドライブに出かけると車の窓からいろいろな家を見るのが好きな子だったようです。自分自身を振り返ってみると小さい頃から模型を作ったり、間取りを書いたりするのが好きでしたね。いつからか家を考えるデザインのお仕事があるのかなと思ったり、「設計士とか向いていそうだよね」と家族に言われたのがきっかけで、この分野を意識するようになりました。最初はインテリアデザインに興味があったのですが、町田・デザインに入学してから建築士の資格取得も視野に入るようになり、設計士という職種に向けて勉強していました。

壁紙や内装の打ち合わせをお客様としていきます

学校で学んだこと・学生時代

学校では地域の制限や法律などに囚われず、視野を広げて自由な発想でデザインを考えたり、家を作ってみましょうという感じで教えていただいていました。自分の好きなアイデアを出して理想のプランを立てる楽しさを学び、今も仕事をする上で空間や内装を楽しく工夫し、お客様への提案につなげることが多くできています。オーソドックスなものではなく、いろいろな発想を取り入れてみるという考え方は学校で養われたものだと思います。実際、家を建築する際には制限や法律がありますが、一つひとつクリアしながら、夢のある家づくりができる発想力が身についていると実感しています。

断熱の資材についてご説明中。よりよい暮らしをご提案いたします

長田 舞夏さん

株式会社三和住建 営業部設計課勤務/建築デザイン科卒(インテリアデザイン科入学後、建築デザイン科へ転科)/2016年卒/インテリアデザインに興味があり、インテリアデザイン科がある町田・デザイン専門学校のオープンキャンパスや体験授業に数回参加。どれも楽しくより意欲が増したという長田さん。入学してから、2級建築士を取得したいと思いインテリアデザイン科から建築デザイン科へ2年次進級時に転科。現在は1級建築士取得を目指して、通塾中。仕事をしながら勉強するのはとても大変だが、1級建築士になると、仕事の幅はかなり広げられるし、お客様や業者からの信頼度もかわるので、ぜひ近いうちに取得できるように頑張りたいと語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田・デザイン専門学校(専修学校/東京)