• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 町田・デザイン専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 竹中 優輔さん(ビジュアル学群 グラフィックデザイン科/アシスタントデザイナー)

先輩の仕事紹介

スピードと正確さを重視されるなか、アイディアを出してものを作るやりがいを実感!

アシスタントデザイナー
ビジュアル学群 グラフィックデザイン科卒/2019年卒
竹中 優輔さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

テレビの番組内で使われるフリップや地図のデザイン・制作のほか、映画やドラマのエンドロールの文字打ち込みを行う仕事をしています。番組や話題によってデザインを変えていく機会も多いので、いろいろアイディアを出していくのは楽しいですし、様々なアプローチで多種多様なものを作れるというところにもやりがいを感じます。また多くの方の目に留まるものを制作しているという点も、今の仕事の魅力になります。作業の中でもっとも気をつけているのは、文字や情報の見せ方に間違いがないようにすること。制作している段階から責任を感じていますし、スピードを問われることも多々あるので、パソコンのスキルなど学校での学びが役立っています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

美術やデザイン関係に進みたいと思ったのは、中学生の頃でした。アニメのイラストを描くことや、日曜大工みたいなものが楽しいと感じ、高校では美術部に入部。高校の授業でのグラフィックデザインにも興味をもち、この分野をもっと学びたいと思ったのがきっかけでした。大学と専門学校、どちらにするか迷いもありましたが、学校見学で町田・デザインを訪れたとき、自由でアットホームな学校の雰囲気やのびのびとものが作れるという環境の良さに魅力を感じて、入学を決めました。

学生時代の様々な経験が、自分の財産にもなっているという感覚があります

学校で学んだこと・学生時代

在学中はイベントスタッフとして、地域ぐるみのイベントに毎年参加していました。学生主体となって活動するので、予算に合わせてどういうものを作ればよいかをみんなで考えたり、買い出しをしたりしていました。いろいろな科の人と一緒に取り組むので、自分たちの知らない方法やアイディアとの出合いもあり、新しい発見や刺激は面白い経験でした。町田という街は、立地的にもアクセスがよいので、時間があると美術館に行ったり、映画を観たりといろいろな物にふれていましたね。数々の経験により楽しく課題にも取り組み、デザインにもつなげることができました。幅広い学びが今の仕事にも役立っていると思います。

卒業後も学校に行って、先生に会うと安心します

竹中 優輔さん

株式会社グレートインターナショナル勤務/ビジュアル学群 グラフィックデザイン科卒/2019年卒/様々なものを制作していく中で、大切にしているのはなるべくラクをするということだそう。以前にも似たようなものを作っていれば、それを活かして作り上げることによって、要領よくこなせてスピードアップにもつながっていくという竹中さん。学生時代だけでなく、社会に出ても勉強は続くので、自分が苦しくない分野に進んで、やりがいや充実感を味わえる仕事に就くのがおすすめだとか。将来は3次元のものづくりも手掛けていきたいという夢を抱いている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田・デザイン専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT