• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 町田調理師専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 齋藤 祐樹さん(上級調理師科/調理師)

食べた人が幸せになるような料理を作っていきたい

先輩の仕事紹介

子どものころから料理が大好き。自分の作った料理を喜んで頂けることがやりがいです!

調理師
上級調理師科/2015年3月卒
齋藤 祐樹さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

ホテルの中にある中国料理店のキッチンで働いています。鍋担当の人に食材を運んだり、調味料を用意したりすることから始まり、5年目となった今は食材を切る部署にいます。中国料理の魅力は、何といってもダイナミックに火を操る調理法。厨房の花形ともいえる鍋を担当することを目標に、勉強と練習の毎日です。当店ではスタッフが考案したデザートをお客さまに提供する制度があり、先日、僕が作った柚子のジェラートが採用されました。お客さまが「美味しい!」と言ってくださったとホールスタッフから聞いた時は、本当に嬉しかったです。自分の作った料理で誰かが喜んでくれることが、一番のやりがいです。

学校で学んだこと・学生時代

町田調理での2年間で、調理技術はもちろんですが、礼儀やマナー、身だしなみなど、社会人としての基礎を身につけることができました。入学後すぐに行われた河口湖のオリエンテーションでは、富士山に向かって大きな声で挨拶の練習。校内でもはきはきと返事をすることや、言葉遣い、道具の整理整頓などを繰り返し指導していただきました。その「厳しさ」の本当の意味は、社会に出てみて深く理解できました。キッチンではチームで仕事をするので、しっかり声を掛け合わないと流れが止まってしまうし、現場を整理しておかないと次の作業がスムーズにできないんです。先生たちの厳しさは、僕たちの将来を考えてのことだったのだと実感しています。

お客さまの笑顔を思い描きながら、包丁を振るいます

分野選びの視点・アドバイス

子どもの頃から好きだった料理を仕事にしたくて、調理師専門学校への進学を決めました。高校の先生に学校選びの相談をしたところ「見学に行った時に、掃除用具のロッカーを見るといい」とアドバイスを受けました。「外からは見えにくいロッカーの中まできちんと片付いている学校は、すべてがしっかりしている」というのがその理由でした。そこで、オープンキャンパスや説明会に参加した時に、こっそりロッカーを拝見。町田調理が一番きれいに整頓されていたことが、大きな決め手になりました。料理の世界には、厳しい面もたくさんあります。それを乗り越えられる強さを鍛えるために、あえて厳しそうな学校を選んでみるのもいいかもしれません。

最適な火加減を知るために、何度も練習を重ねます

齋藤 祐樹さん

シェラトン都ホテル東京 料飲部 中国料理「四川」キッチン 勤務/上級調理師科/2015年3月卒/子どもの頃から母の手料理が大好きで、手伝いをしているうちに料理の魅力に目覚めたという齋藤さん。中学時代には将来自分の店を開くことを夢に思い描くようになり、自由研究では料理本を作成するなど、迷うことなく調理師の道を目指しはじめたという。数ある料理の中でも中国料理を選んだのは「強火を扱う姿がカッコよかったから」と笑う。休日はOBの料理店を手伝ったり、新しいレシピの研究をしたり。齋藤さんの毎日は、つねに料理とともにある。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田調理師専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT