• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 町田福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 谷田 涼花さん(介護福祉学科/介護福祉士)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

マチダフクシホイクセンモンガッコウ

ご利用者さまのペースに合わせて丁寧にケアしています

先輩の仕事紹介

生活のサポートだけでなく、利用者一人一人の気持ちに寄り添える高齢者介護のプロに

介護福祉士
介護福祉学科/2015年3月卒
谷田 涼花さん

この仕事の魅力・やりがい

介護福祉士として、歩くこと、食べること、排泄すること、入浴することなど、ご利用者さまの生活全般をサポートしています。なんでもお手伝いするのではなく、ご自分でできることはご自分のペースでやっていただくことが、身体に残された機能を生かしていくためには必要です。時には、ご利用者さまが「よし、自分でやってみよう」と思えるように、職員同士で協力したり、声かけを工夫することもあります。私のケアひとつで、ご利用者さまのQOL(生活の質)が大きく変わるので、責任と同時にやりがいを感じますね。小さなことでも「ありがとう」と言ってもらえるとうれしいですし、もっとがんばろうという気持ちになります。

学校で学んだこと・学生時代

学生時代は2年間で5回、高齢者施設などで実習しました。座学で学んだ知識を実習で深めるという流れで、少しずつ無理なくステップアップしていけたと思います。学生時代、実際に介護の現場で働いていた先生からいただいた「高齢者にも自尊心・羞恥心があることを忘れないで」という言葉は、今まさに現場で実感しているところです。ご利用者さまによっては体に大きな手術痕のある方もいらっしゃいます。学生の時は初めて目にして驚いてしまったこともありましたが、態度に出してしまうと、ご利用者さまを傷つけたり、遠慮させてしまうことに繋がります。人と接する上での細やかな気遣いを学べたのも、学生時代の大きな収穫だったと思います。

一人ひとりしっかりケアするためにチームワークが大切

これからかなえたい夢・目標

少子高齢化が進んで、家族のいらっしゃらないご利用者さまも増え、終末期のケアを希望される方も少なくありません。「最後にここで過ごせてよかった」と思っていただけるよう、医療やリハビリの職員とも協力して、常に自分たちにできることを考えています。例えば、お酒が好きだけれど控えなければいけないご利用者さまを一日だけ居酒屋へ連れて行ったり、キャラクター好きなご利用者さまのために、施設内をテーマパーク風にしたり。ご利用者さまにとって、いつも一緒にいる私たちは家族のようなもの。遠慮せずに何でも言ってもらえる存在になりたいですし、一人ひとりの気持ちに寄り添えるような介護のプロでありたいと思っています。

パソコンを使った事務作業も欠かせないスキルのひとつ

谷田 涼花さん

特別養護老人ホーム清風園/介護福祉学科/2015年3月卒/介護福祉士という仕事について、「『介護』という言葉の定義はありますが、絶対的な答えはない奥の深い仕事です」と語ってくれた谷田さん。老人福祉に携わる親戚に話を聞く機会があり、「人と話すのが好きな自分に向いているかも」と思ったことから介護福祉士をめざすようになり、町田福祉専門学校に進学したんだそう。「今後の目標はケアマネジャーになることですが、そのためには認知症のケアなど、まだまだ勉強することがたくさんあると感じています」と、今後の目標を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田福祉保育専門学校(専修学校/東京)