• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 町田福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 富田 夏会さん(こども保育学科/保育士)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

マチダフクシホイクセンモンガッコウ

子どもたちの笑顔を見ていると幸せな気分に!

先輩の仕事紹介

子どもたちの「できた!」に成長を実感。好きなことが活かせる仕事で、毎日が充実!

保育士
こども保育学科/2014年3月卒
富田 夏会さん

この仕事の魅力・やりがい

子どもに名前を覚えてもらった時や、保護者の方から「家で先生の名前がよく出て来るんですよ」と言われると、素直に嬉しいです。子どもたちと「すすんで手洗いをする、トイレに行く、片づけをする」といった目標を立てて、それが達成できた時は、子どもたちの成長を実感します。子どもたちは、保護者の方の手を離れ、日中はずっと私と一緒にすごしていますから、その分責任は重大。子どもや保護者、園の先生方からも信頼されて任されていると思うと、やりがいもひとしおです。好きな音楽や体を動かすことを仕事に活かすことができるので、毎日が充実していますし、何と言っても子どもたちの笑顔に囲まれて過ごせることが楽しいです!

学校で学んだこと・学生時代

専門学校に入学するまでピアノには触ったこともなかったのですが、3年間基礎から指導してもらえたことで、今ではすっかりピアノも得意になりました。印象的だったのは「レクリエーション活動援助法」と「リトミック」です。特に音楽に合わせて体を動かすリトミックの授業は楽しく、現在の仕事でも役立っています。保育実習も幼稚園と保育園で各2回、児童館と児童福祉施設でそれぞれ1回ずつ経験しました。もともと児童心理学に興味があって、児童養護施設に就職したいと考えていましたが、実習では子どもたちとの距離感をなかなか掴めず、仕事の難しさを実感。自分の適性を知り、将来を選択する上で、とても良い経験になったと思っています。

いつも「自分自身が楽しむこと」を意識しています

分野選びの視点・アドバイス

保育士は子どもが好きなだけでは務まらない仕事ですが、だからこそ「子どもが好き」という気持ちを持ち続けることは、とても大切です。また、クラスは一人で担当するわけではないので、先生同士のコミュニケーションも実は重要。先生同士の連携がとれていないと子どもたちも敏感になるんですよ。ですから、私が職場を決める際は先生方の雰囲気も重視しました。同様に、専門学校も先生と一緒に楽しく学べるかどうかが、大きなポイントだと思います。町田福祉保育にはフレンドリーな先生が多く、気の合う仲間たちと支え合いながら保育士の道を目指すことができます。3年間はアッという間でしたが、今でも当時の友人との交流は続いているんですよ。

音楽や体を動かすこと。好きなことを活かせる仕事です

富田 夏会さん

グリーンキッズ湘南 勤務/こども保育学科/2014年3月卒/10歳年下の弟が生まれ、世話をする母親の手伝いをしながら「育てる」ことの喜びを知り、保育士を目指すようになったという富田さん。子どもと接する上では「自分自身が楽しむこと」を意識して日々子どもたちに接しているんだそう。一方、机の上で作業するものについては、できるだけじっくり考えて取り組みたいそうで、その日のうちに提出するものでない限り、家に仕事を持ち帰ることもしばしば。「この仕事が好きだし合っていると思うので、お母さんになっても続けていきたいですね」と将来の目標を語ってくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田福祉保育専門学校(専修学校/東京)