• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 町田福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高橋 大和さん(介護福祉学科/介護福祉士)

利用者様の「できる」をサポートするやりがいある仕事

先輩の仕事紹介

入居者様と「できる」喜びを共有することが、この仕事の大きなやりがいのひとつです

介護福祉士
介護福祉学科/2019年卒
高橋 大和さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

介護福祉士として、食事・排泄・入浴など、入居者様の日常生活全般をサポートしています。以前は、介護の仕事というのは、利用者様・入居者様の「お手伝い」だと思っていましたが、今は「できないから一方的に手伝う」のではなく、「できないことでも少しずつできるようサポートする仕事」だということがわかってきました。たとえばご自宅ではほとんど自立できていなかった方が、入居後のサポートによって少しだけでもトイレに立てるようになることも。そんな様子を目の当たりにすると心から嬉しく、「この仕事に就いてよかった」と感じます。介護福祉士として、これからも利用者様に一番近い距離感で心と身体をサポートしていきたいです!

この分野・仕事を選んだきっかけ

介護福祉士として働いている姉の姿を見るうちに、介護の仕事に興味を持ちました。確かに大変そうな仕事ですが、看取りも含め、人の一生に寄り添うやりがいのある仕事だと思ったんです。学校選びは、専門学校だけでなく大学も視野に入れていました。その中で町田福祉保育に興味を持ったのは、高校時代の先生から「町田福祉なら設備もいいし、素晴らしい先生方から指導を受けることができる」というお話を聞いたことがきっかけ。オープンキャンパスに参加した際に感じた、少人数ならではのアットホームな環境や充実したカリキュラム、何より卒業した先輩方が学校に足を運んで先生方と笑顔で談笑する様子が印象に残って、入学を決めました。

人の一生に寄り添う介護福祉士の仕事に魅かれました

学校で学んだこと・学生時代

町田福祉保育のカリキュラムの特徴は、実技授業がとても多いこと。さほど器用ではなかった私は、学生時代は気持ちにもあまり余裕がなく、習ったことが本当に身についているのか不安を感じることもありました。けれど介護に必要な動作などを、基礎から何度も繰り返し実践しながら学んだことで、身体で動作を覚えることができました。もちろん学生時代だけで介護福祉士としてのスキルがすべて養われるわけではなく、職場に入ってから学ぶことはたくさんあります。でも、学生時代に基礎をしっかり身につけていると、身体が自然に動くんです。専門学校での2年間で受けた指導はひとつとして無駄なものはなく、すべて今の仕事に役立っています。

職員間でしっかりコミュニケーションをとることも大切

高橋 大和さん

特別養護老人ホーム白楽荘 勤務/介護福祉学科/2019年卒/町田福祉保育専門学校在学中に、現在勤める「白楽荘」でのボランティアを経験。その後の実習では施設の清潔感と、入居者様やスタッフの穏やかな笑顔に魅かれ、将来の職場として意識するようになったそう。今後の目標は、介護福祉士としてスキルアップすると同時に、後輩たちの指導もできるスタッフになること。「先輩がたの指導のおかげで現在の私があります。今度は私が、その恩を後輩たちに返していきたいです」。卒業後も時折、母校に足を運んでいるそう。「ちょっとした悩みを相談できる母校の存在は本当に大きい。先生方と話すとほっとします」と笑みを浮かべる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田福祉保育専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT