• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 町田福祉保育専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山田 未空さん(こども保育学科/保育士)

保育士は楽しい仕事だって、みんなに伝えたい!

先輩の仕事紹介

子どもなりの考えに寄り添うことを大切に。子どもたちの成長に喜びを感じています!

保育士
こども保育学科/2019年卒
山田 未空さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

現在担当の1歳児クラスは入園前の慣らし保育から始まるのですが、最初は怖がって泣いてしまう子も多いんです。そんな時は音楽を流したり、膝にのせてスキンシップしたりして安心させていきます。すっかり慣れて、保護者の方から「先生といると楽しそう」と言われた時は嬉しかったです。1歳児は言葉が増える時期ですが、自分の気持ちを伝えるのはまだ難しく、お友達とおもちゃの取り合いになった時などは手が出てしまうことも。ケンカになりそうな時は先回りして止めたり、気持ちを代弁して伝えたり、常にそっと見守りサポートしています。子どもなりの考えに寄り添いながら、一緒に遊ぶことを通じてお友達との接し方などを伝えていきたいです。

この分野・仕事を選んだきっかけ

介護と保育の仕事に興味があって、高校では介護の資格を取得しました。高校卒業後に介護の仕事につくことも考えましたが、保育の勉強もしたくて、町田福祉保育専門学校への進学を決意しました。保育士を目指すうえで一番不安だったのは、保育士には欠かせない「ピアノ」。私はピアノを習ったことがありませんでしたが、基礎から教えていただけるカリキュラムが組まれていると聞き、安心して入学できました。学内のピアノは朝や放課後など自由に使って練習でき、練習の甲斐あって弾きながら歌えるように。先生方も親身になって根気強く指導してくださいますので、「ピアノの授業についていけるか心配」という高校生の皆さんも安心してくださいね。

保育士になってから、毎日がずっと楽しく特別なものに

学校で学んだこと・学生時代

2年次から始まる実習では、保育園・幼稚園・障がい児施設・児童養護施設などにいきました。実習前にはオリエンテーションがありましたが、初めは不安でいっぱい。「笑顔」と「元気」を心がけ、一つひとつ大事に学ばせていただきました。実習中、毎日つける日誌には、その日あったことを時系列ですべて書き出し、保育士の方がどのように子どもに接していたか、またその意図などについてまとめていきます。とても大変でしたが、保育士の先輩方の動きをよく見て、その意味を考える習慣がつきました。また、実習先の園や町田福祉保育専門学校の先生方が細かく日誌をチェックしてアドバイスしてくださったことが、今とても役に立っています。

園内の整理整頓もふだんから心がけています

山田 未空さん

社会福祉法人 宿河原会 こひばり保育園勤務/こども保育学科/2019年卒/高校で介護について学んだあと、興味のあった保育分野を学ぶため町田福祉保育専門学校へ進学。こども保育学科で3年間学び、卒業後現在の「社会福祉法人 宿河原会 こひばり保育園」に就職する。保育士として現在3年目。先輩保育士とともに昨年は2歳児を担任し、今年は1歳児クラスを担当。保育士としての経験を深めている。子どもたちに囲まれ、その成長を見守る日々について「就職してから毎日がずっと楽しいです!」と充実の笑顔で話してくれた。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

町田福祉保育専門学校(専修学校/東京)
RECRUIT