• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 岐阜
  • 専修学校 中部国際自動車大学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小澤 蓮さん(自動車整備科 一級整備士コース/自動車整備士)

先輩の仕事紹介

一人前の自動車整備士になり、入社してくる後輩に教えられる技術を身につけたいです。

自動車整備士
自動車整備科 一級整備士コース/2019年卒
小澤 蓮さん

この仕事の魅力・やりがい

メルセデス・ベンツやAMGといったプレミアムな輸入車、小粋な輸入車のスマートを扱う岐阜ヤナセのメカニックとして働くようになってまだ1年目です。最近は業務に慣れ、新車の納車前整備や法定点検などを担当させていただけるようになりました。整備は自動車メーカーが指定する専用テスターを使い、点検をしたり故障個所の特定などを行うため、高い技術力はもちろんですが、最新の機器を扱うための知識を常にアップデートさせていくことも必要です。わからないところは先輩が教えてくださいますが、自分でも積極的に学び続けることも大事。この仕事の魅力は毎日が学びの連続だという点にもあると思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

小さい頃から機械が好きでしたし、友人に誘われたこともあり、自動車整備士について学ぶこの学校を志望しました。多治見に住んでいるので通いやすかったことも理由のひとつです。一級自動車整備士コースで学び、自動車に対する興味が増していき、より集中して知識を身につけることができたと思います。岐阜ヤナセで働きたいと考えたのは、この会社で働いている卒業生の先輩から「やりがいがあって楽しい会社だよ」と聞いたから。私もその先輩のようにやりがいを感じながらイキイキと働きたいと考え、この会社を志望しました。先輩と話す機会を作ってくださった学校の就職支援体制にも感謝しています。

専用テスターのデータはどんどん更新されるため、常に学び続ける必要があります。その点も整備士という仕事の魅力だと思います。

学校で学んだこと・学生時代

特に印象に残っているのは自動車で使われているセンサーやアクチュエーターなどの制御や作動について学んだ実習です。アクチュエーターは電気や空気の圧力などによって動く装置なのですが、電気を流した時に実際に動くのを見た時、「車ってすごい。こういったパーツの全てが正常に機能することで動かすことができるんだ!」と感動したことを今でも覚えています。ただし、それだけ複雑なのでメカニックの責任も重大です。その実習はこの仕事の責任について考えるきっかけにもなったと思います。また、海外研修も印象に残っています。自動車の本場であるヨーロッパでは車がどのような使われ方をしているのかを見られ、良い経験になりました。

お客様の安全のため、ブレーキシステムのチェックも大切な作業です。命を預からせていただくという覚悟をもって業務にあたっています。

分野選びの視点・アドバイス

私は機械が好きだったのでこの学校を志望しました。車が好きで中部国際自動車大学校のような整備士養成学校を選ぶ人が多いかもしれませんが、特別好きではなくても安心してください。車は生活になくてはならない便利な道具です。その整備に関わるということは長く働くことができるということでもあると思います。私自身も学校で学びながら車の奥深さを知り、学ぶのがより楽しくなっていきました。就職先を選ぶ際は先輩方のアドバイスを参考にしてください。この学校を卒業した先輩方から仕事の内容や職場の雰囲気などを聞くのも良い経験になると思います。私も毎日楽しく働いていますが、みなさんも良い職場に就職できることを祈っています。

私は輸入車の作り込みのすごさに感動してこの職場を選びました。先輩方のほとんどが同じ学校の卒業生なので働きやすいです。

小澤 蓮さん

岐阜ヤナセ株式会社/メルセデス・ベンツ多治見勤務/自動車整備科 一級整備士コース/2019年卒/2019年3月に中部国際自動車大学校の自動車整備科一級整備士コースを卒業。同年4月より岐阜ヤナセ株式会社/メルセデス・ベンツ多治見に勤務する。この学校を選んだきっかけは進路に悩んでいた時に車好きの友人から誘われたこと。7年間学ぶ中で自動車に対する興味が深まり、学ぶうちにより楽しくなっていったとのこと。「一級自動車整備士の国家資格を取得するため、毎日必死で勉強しました。憧れの職場に就職できて幸せです。先輩は同じ学校の卒業生がほとんど。働きやすい職場でいろいろなことを吸収し、どんどん成長していきたいです」と話す。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

専修学校 中部国際自動車大学校(専修学校/岐阜)