• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • ル・トーア東亜美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 高畑 慶乃さん(美容学科/美容師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

ル・トーアトウアビヨウセンモンガッコウ

朝晩は自主的にレッスン。今はワンレングスのカットを練習中です

先輩の仕事紹介

自分で選んだ道に、弱音は吐かない。夢に向かって突き進むだけです。

美容師
美容学科/2018年卒
高畑 慶乃さん

この仕事の魅力・やりがい

高校生の頃からお客さんとして通っていて、「ここで働きたい」と思ってきたサロンで仕事ができる。それだけでも幸せな毎日です。アシスタント業務に加えて朝晩のレッスンと忙しいですが、体の疲れはあっても、辛いとは全然思わないです。アシスタントとしてはパーマやカラーを担当させてもらっています。カラーも季節によって流行がありますが、春や夏はブリーチやポイントで明るくされる方が多いですね。お仕事の都合であまり大胆にできない方は、暗めのトーンの中で個性を出したり。それぞれの環境に合わせてカラーを楽しまれるお客さまが多いと思います。お客さまが可愛くなって帰っていくのを見られるのは、大きなやりがいですね。

これからかなえたい夢・目標

私が美容の世界を志したのは、メイクがしたかったから。中学生の頃、親の仕事の関係で色々なブランドのショーに連れていってもらったのがきっかけですね。まずはスタイリストデビューが目標ですが、メイクの仕事にもどんどん入っていきたいと思っています。先日もヘアショーのアシスタントとしてメイクを担当させてもらったんですが、すごく勉強になりました。他のサロンの方々とも出会えるので、大きな刺激をもらえます。やっぱりショーが好きなんだということも、あらためて実感できました。LIMはロンドンとシンガポールにもサロンを展開しているので、いつか海外で働くことも大きな夢。そのためにも、今は毎日の仕事を頑張るのみです。

開店前は大忙し。お客さまをお迎えするため、ピカピカに掃除します

学校で学んだこと・学生時代

学生時代はワインディングやファンタジーメイクなど、さまざまなコンテストに出場しました。学校で身につけた技術や知識は、現在のアシスタント業務にも活かされています。基礎をしっかり叩き込まれたおかげで、自分で理解するスピードが速くなりました。たとえばパーマのとき、「こういう風にロッドを巻き込むとこうなる」というような感覚をつかむ速さです。学生時代はよく分からないままにやっていたけど、現場で働きはじめてから「こういうことだったのか」と思うことがたくさんありますね。たまに、先生や後輩に会いに学校へ行くことがあります。行くとなんだか安心できる、私にとってル・トーアは今でも大好きな場所です。

休みの日はモデルを見つけて、カラーやパーマをさせてもらうことも

高畑 慶乃さん

Qilt+LIM勤務/美容学科/2018年卒/メイクの世界に憧れてル・トーア東亜美容専門学校へ入学。卒業後、自身が高校時代から通っていたサロン「LIM」に就職し、現在は梅田の「Qilt+LIM」でアシスタントとして日々の業務やレッスンを行う。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

ル・トーア東亜美容専門学校(専修学校/大阪)