• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ル・トーア東亜美容専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 櫛野 玲奈さん(美容学科/美容師)

LIPPSのスタイルが大好きで、ここで働きたいと思いました

先輩の仕事紹介

お客様の「こんな自分になりたい」を全力で叶えたくて、日々技術と感性を磨いています

美容師
美容学科/2019年卒
櫛野 玲奈さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

2年間のアシスタントを経てスタイリストデビュー。今はメンズカットを担当しています。自分を選んで来てくれるだけでも嬉しいのに、自分の技術で喜んでもらえるのはすごく幸せです。さらに、「周りの人にも評判よかった」「これで彼女ができました」など報告してもらえることも。めちゃくちゃ嬉しいし、やりがいを感じますね。最初の頃はメンズのスタイリングがわからなくて、男性スタッフの頭を借りて猛練習。直に見るだけでなく、仕上がりをカメラで撮影して写真でもチェックすることを繰り返すうちに、少しずつポイントがわかってきました。美容師になって3年目ですが、やっぱり美容師の仕事は本当に楽しい!あらためてそれを実感しています。

この分野・仕事を選んだきっかけ

幼稚園の卒園アルバムに「美容師になりたい」と書いていたぐらい、物心ついたときにはこの仕事に憧れていました。小さい頃から、絵を描くことと髪を触ることが大好き。初めての美容室で体験したプロのセットに感動して、自分で真似したり友達の髪をアレンジするようになりました。実は私自身の髪はもともとすごいくせ毛で、うねるしハネるし広がるし、プールの授業がある日なんてもう大変。そのコンプレックスをなんとかするために、いろんなヘアアレンジを練習するようになったのかもしれません。美容師になるという目標は叶いましたが、まだこれは夢のスタート地点。本当の勝負はこれからだと思って、しっかり頑張っていきたいです。

お客様一人ひとりの「こうなりたい」を、しっかりヒアリング

学校で学んだこと・学生時代

負けず嫌いだけど、本番に弱く勉強も苦手だった私。はじめは焦るばかりでした。それでも目指す目標はみんな同じ。一緒に頑張る仲間がいると、不思議と自分も頑張れるんです。卒業制作発表会のヘアショーではディレクターを担当。徹夜で衣装を作ったり構成に悩んだり、プレッシャーに潰れそうな毎日。優勝を目指す想いが強くてぶつかることも多々ありました。それでも頑張れたのはみんなの支えがあったから。優勝できた瞬間はやってよかったと思うと同時に、私はみんながいないと無理だなと実感しました。スタイリストになった今は、ある意味一人で進む力が必要。苦しいときもありますが、学生時代に頑張った思い出が私を励ましてくれています。

撮影した写真はSNSにアップ。これも美容師の大切な仕事です

櫛野 玲奈さん

LIPPS 吉祥寺 annex 勤務/美容学科/2019年卒/ル・トーア東亜美容専門学校在籍中は、得意の絵を生かしてネイルアートやヘアデザイン画のコンテストに出場し、さまざまな賞を受賞。卒業後はLIPPSに入社。2021年4月にスタイリストデビューし、メンズカット担当として活躍している。自身が髪質で苦労した経験から、一人ひとりのコンプレックスと丁寧に向き合い改善策を提案。「謙虚な姿勢と感謝の気持ち」をモットーに、日々努力を続けている。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

ル・トーア東亜美容専門学校(専修学校/大阪)
RECRUIT