• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 大阪
  • ル・トーア東亜美容専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 濱田 亜紀先生(美容師)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定/大阪

ル・トーアトウアビヨウセンモンガッコウ

こんな先生・教授から学べます

プロのメイク技術と360度の気配りでステージを支える先生

美容師
美容学科 
濱田 亜紀先生
先生の取組み内容

私自身の専門は「ステージメイク」です。ステージの大きさ、衣裳のボリュームにもよりますが、お客様との距離があるため、目などの各パーツを大きく作るのが特徴。ヘアショーの場合は、ヘアのコンセプトや衣裳を邪魔しないよう、バランスを考慮することも大切です。

ショーの時は10名を超えるスタッフの手を借りて行います。メイクはもちろん、仕込みの時間にモデルさんが心地よく過ごせるよう飲み物や室温などに配慮するのも私たちの仕事。「最近肌どうですか?」などお話をしてリラックスさせながら、メイクを進めていきます。個人差はありますが、海外のモデルさんへのメイクは肌質の違いに気を付けています。例えば乾燥が強い場合は、先にマッサージから始めることも。ステージメイクでは自分の仕事をしながら、周りもしっかり見る力が必要ですね。

「撮影やヘアショー、成人式など、美容師にとってメイクは大きな武器になるスキルです」

授業・ゼミの雰囲気

学生たちの興味をとらえて、自らも日々勉強。トレンドを押さえた新鮮な授業に。

人によって異なる肌質に対応できるように、フェイシャルエステで肌の整え方を学ぶ授業からスタート。骨格に沿ったベースメイク、アイメイクやリップなどのパーツメイク、さらに「年齢、職業、どこに行くのか、どんなファッションか」を想定し、TPOに合わせたメイクを練習します。最近は自分のメイクが上手になりたいという学生が多く、みんなよく研究していますね。「つや肌の作り方」など今のトレンドを教えるためには、私も勉強が必要。一歩も二歩も先を知っておくため、学生がよく見ているメイク動画などのリサーチも欠かせません。

ドラッグストアのメイク用品など、学生にも手の届きやすいものを使ったメイクを提案することも

キミへのメッセージ

自分の手で人を笑顔にできる、美容師は魔法使いのような仕事です。

自分の手が生み出す技術で人を笑顔にできたとき、何とも言えない満足感を味わえるのが美容業界です。他のスタッフの技術を見る機会も多く、「これはステージでどうなるんだろう」と、いつもワクワク、感動しますよ。

濱田 亜紀先生

専門/メイク、ネイル
ル・トーア東亜美容専門学校卒業、Yuka nail school卒業
美容師としてサロン勤務後、ステージメイクの世界へ。2児のママでもある。
「メイクは肌質、骨格、パーツのバランスなど人によって異なります。それを見極めて施術をするのが新鮮でもあり発見でもあり、やりがいを感じています」

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

ル・トーア東亜美容専門学校(専修学校/大阪)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路