• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 静岡
  • 東海調理製菓専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 塚田 悠也先生(製菓専任教師・パティシエ)

こんな先生・教授から学べます

一流の技を伝えながら世界的なコンクールに挑戦する先生

製菓専任教師・パティシエ
製菓技術科 
塚田 悠也先生
先生の取組み内容

美味しさはもちろん、見た目の美しさや華やかさ、非日常性などで人を感動させられるのがパティシエの仕事の魅力です。私自身その魅力に取りつかれ、コンクールに挑戦しながら技術者として進化できる喜びを日々感じています。私が挑戦しているのは「お菓子のワールドカップ」と言われる「クープ・デュ・モンド」です。このコンクールで日本は4大会連続2位に入賞していますが、1位はまだ獲得できていません。2021年の第17回大会では念願の優勝を狙っています。また、私は人生にとって出会いがなによりの財産だと考えています。私自身がこの学校の先生と出会い、教えていただいたことを後輩のみなさんにも受け継いで欲しいと思います。だから、先生と学生という関係を超え、私が培ったプロの技や心、経験を本気で学生のみなさんに伝えています。

狙うは「クープ・デュ・モンド」世界一。学生指導が終わった後、コンクールに向けての練習に没頭します。

授業・ゼミの雰囲気

学生はみんなかわいい後輩。アットホームな雰囲気の中で力が入った教師陣の指導を受けられます。

「製菓の現場に立った時、必要になってくるのは経験です。私が製菓の最前線で目の当たりにした経験の全てを忠実に伝えるようにしています」。そう話す塚田先生をはじめ、教師陣の多くはこの学校の卒業生。先生方にとって全ての学生は教え子であり、後輩です。だからアットホームな雰囲気の中で充実した経験ができるのです。また、この学校には研修レストランの「プティ・カザリス」が併設されており、お客様にケーキやパンを提供する経験ができます。塚田先生自身も現場に立つ厳しさを学んだという実習も学校の特長のひとつです。

先生が修行中に経験したこと全てを伝授。本気で高みを目指す学生には、より一層指導に身が入るそうです。

キミへのメッセージ

この学校での2年間を通じて人との出会いは大切さも学んでください。

私が成長できたのは大きな目標を持っていたことに加え、この学校の先生方やともに学んだ仲間との出会いがあったから。後輩のみなさんにも私が学んだことを全力で伝授していきます。そして私もさらに成長したいです。

塚田 悠也先生

2003年に本校を卒業。首都圏や東海圏の有名パティスリーを経て2016年に本校・洋菓子専任教師に就任する。 2017年は「ジャパン・ベルコラーデ・アワード」「ジャパンケーキショー東京」ともに優勝。2019年の「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の日本予選で優勝し、2021年にフランスで開催される「第17回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」の日本代表に選ばれる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先生・教授から学べるのは…

この学校のおすすめ記事

東海調理製菓専門学校(専修学校/静岡)