• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 東京YMCA社会体育・保育専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会体育専門課程
  • スポーツインストラクター科

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科

定員数:
80人

スポーツクラブで健康維持増進、水泳・水中運動指導、幼児体育指導、サッカーコーチなどのスペシャリストを養成

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • アウトドア・キャンプインストラクター

    参加者の安全や命を預かり、人と自然をつなぐアウトドアの達人

    キャンプ場などで、キャンプのルールやマナー、野外炊事やキャンプファイヤーなどの方法を指導するキャンプインストラクター。総合的な自然体験活動であるキャンプを支援するのが役割だ。自分で楽しむのとは違い、参加者の安全や命を預かる大切な役割を担い、人と自然とのよりよい関係づくりをすすめる。

  • 児童指導員

    保護者の代わりに子どもを養育し、自立を支援する専門職

    児童指導員とは、何らかの事情で保護者からの養育を受けることが困難になった0から18歳の子どもたちを、公的責任の下で保護者に代わり保護・養育するという、責任ある仕事です。子ども一人ひとりに寄り添いながら成長を24時間体制でサポートし、自立のための援助も行います。社会状況の変化により、子どもたちが抱えている問題が多様化しているため、保育に関する知識はもちろん、心理学や医学的な幅広い知識をもつことが求められています。

  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツ種目や、健康運動の指導を行う

    主にスポーツクラブなどの運動施設で、健康運動やスポーツ種目のスクール運営・レッスンを行う。(スポーツクラブの実例が多い運動種目の例として多いスイミング、ゴルフ、テニスなど)スポーツ種目以外にもフィットネスクラブのスタジオやプールなどでエアロビクス・アクアビクスやヨガなどのグループエクササイズのレッスン運営をメインの業務としているスポーツインストラクターを、クラブスタッフは「インストラクター」として呼称していることが多い。(フィットネスインストラクターなどと呼ばれることもある)運動に関わる職種には、トレーニング指導や身体の機能調整(コンディショニング)を主に行う「(スポーツ)トレーナー(=アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー)」があるが、近年ではスタジオやプールでのグループエクササイズ指導と兼業して、パーソナルトレーナーとしてトレーニング指導を提供しているインストラクターも増えている。他にもランニングやウォーキングの他、ダンスやアウトドアスポーツなどの指導を行う職業もインストラクターとして分類されるが、ここではスポーツクラブまたはフィットネスクラブでの活動を軸に活動しているスポーツインストラクター(=フィットネスインストラクター)を中心に紹介する。

  • 体育教師

    授業や課外活動でスポーツの指導をする

    児童・生徒に陸上競技、球技、水泳など様々なスポーツの指導や、体の仕組み、応急処置などの知識を教える。積極的に運動を楽しむこころを育てるとともに、適度な運動で健康な体をつくることをめざす。中・高等学校では運動部の顧問として活躍することも多い。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 120万円  (実習費・演習費含む。※幼稚園教諭二種免許状〈国〉取得希望者は158万円〔併修費用含む〕)
年限:2年制

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の学科の特長

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の学ぶ内容

スポーツの魅力と楽しさ、健康の大切さを伝えるスペシャリストを養成
コミュニケーション能力を身につけ、興味ある分野を中心に学び、技術・能力のレベルアップ、スポーツの楽しさを伝え、心身ともに健康へと導くことができるスポーツ指導のスペシャリストを目指します。本物の施設・指導員の元で行う指導実習で養われる実践指導力には業界からも評価をいただいています。

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科のカリキュラム

充実した施設と、プロ指導者による行き届いた指導実習でスポーツ指導エキスパートに
スポーツの科学的な知識・技術、楽しく継続できるコミュニケーション能力、年齢に応じた指導力を重点に学びます。また、幼稚園や各種スポーツ施設で、子どもの発育・発達に即した遊び・運動を提供できるインストラクター・幼児体育指導員を、現場での充実した指導実習の中で養成します。

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の実習

YMCAは「現場主義」!隣接総合スポーツクラブで、実践力・指導力を養成
隣接された総合スポーツクラブ・スイミングスクールで、指導アシスタントとして現場指導の中で継続的に指導力を養います。プロの現場に継続的に入るのはYMCA独自の養成システムです。毎週1回は指導現場に入り、プロの指導員の指導を受けます。実習の積み重ねが、“即戦力として”定評ある指導力養成の源です。

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    水泳が大好き!指導者の立場にたった今は、大会での選手の泳ぎに一喜一憂しています!

    東京ドームスポーツの選手強化部に所属して、国内でもトップクラスの選手たちに対する、水泳指導のサポートを行っています。主な仕事は、練習時のタイム取りと、合宿や大会時の引率ですが、強化選手の練習がない時は、一般向けのフィットネスクラブで、成人対象の水泳レッスンを行ったり、フロントに立…

    東京YMCA社会体育・保育専門学校の卒業生

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の資格

幼教取得コースでは、幼稚園教諭二種免許状<国>も併修で取得可能
幼児のあそびや運動の指導ができる人材を養成する幼教取得コースでは、幼児スポーツコース(幼稚園二種免許状取得)とチャイルドケアスポーツコース(幼稚園二種免許状・保育士取得)の二つのコースが選択可能です。*近畿大学九州短期大学通信教育部との併修修了により取得可能。

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の施設・設備

学校と総合スポーツクラブがドッキング!
学校にはゴールドジムとYMCAが運営するスポーツクラブが隣接。25メートル×5コースのプールをはじめトレーニングルーム、体育館、スタジオ、フットサルコート、テニスコートなど充実した施設・環境があります。整った環境の中で専門性を磨きます。

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科のイベント

仲間と一緒に体験することでスポーツの楽しさが見えてくる
よい指導者になるためには、まず指導される者としての体験が大切。YMCAでは数々のスポーツ・野外活動を通じて、教室内では学べない体験を積みます。1年次必修のキャンプ実習のほか、夏・冬に行われるスポーツ実習では各種プログラムを体験するとともに、スポーツイベントに携わり、企画・運営する力を養います。

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程のオープンキャンパスに行こう

社会体育専門課程のOCストーリーズ

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の学べる学問

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の目指せる仕事

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の資格 

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の目標とする資格

    • 健康運動実践指導者 、
    • 赤十字水上安全法救助員 、
    • 幼稚園教諭免許状<国> (二種/近畿大学九州短期大学通信教育部併修修了で取得) 、
    • 保育士<国> (近畿大学九州短期大学通信教育部併修修了で取得)

    日本スポーツ協会公認水泳教師
    日本サッカー協会公認C級コーチ
    日本赤十字社救急法救急員

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の就職率・卒業後の進路 

社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の主な就職先/内定先

    (株)東京ドームスポーツ、セントラルスポーツ(株)、(株)ダンロップスポーツウェルネス、(株)THINKフィットネス(ゴールドジム)、(株)ルネサンス、(株)コナミスポーツクラブ、(株)東武スポーツ、(株)埼北スイミングスクール、(株)総合体育研究所、(株)NOAHインドアステージ、デサントジャパン(株)、(株)メガスポーツ、(株)コロンビアスポーツウェアジャパン ほか

※ 内定先一覧

2021年12月現在(2022年3月卒業予定者内定状況)<四年制大学編入学>仙台大学、東京女子体育大学ほか

東京YMCA社会体育・保育専門学校 社会体育専門課程 スポーツインストラクター科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-15
TEL 03-3615-5577
sports@tokyoymca.org

所在地 アクセス 地図・路線案内
東陽町キャンパス : 東京都江東区東陽2-2-15 「東陽町」駅2番出口から徒歩 3分
「錦糸町」駅からバス15分 東陽町駅前下車  徒歩4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

RECRUIT