• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校
  • 東京
  • 尚美ミュージックカレッジ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響・映像・照明学科

東京都認可/専修学校/東京

ショウビミュージックカレッジセンモンガッコウ

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科

定員数:
100人

最高のサウンドをつくる。カッコいいステージを演出する。音楽好きだからできる仕事!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2021年度納入金 147万円  (※その他、教材費、学生災害傷害保険料、公演一部負担金等が必要です。)
年限:2年制

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の学科の特長

音響・映像・照明学科の学ぶ内容

音楽が好きだからこそ、もっとこだわることができる。もっと楽しませることができる
エンタテインメントの現場をつくり上げる仕事。それは、最高のサウンドで、最高の照明演出で、何千、何万人もの人たちの喜ぶ姿、楽しむ姿を目の当たりにできる仕事です。未経験でも心配はありません。 尚美ミュージックカレッジには、仕事にするための最高のスキルを学ぶ環境があります。

音響・映像・照明学科のカリキュラム

4つの分野の基礎を学んでから専攻を選べる学習システム
コンサートの音響、レコーディング、映像制作、照明を志す人はほとんどが未経験です。尚美ミュージックカレッジでは、4つの分野の基礎を学んでから専攻を決めることができます。これにより、イメージした仕事と学びとのミスマッチがなく本当にやりたかった仕事が見つかります。
あらゆるジャンルの音楽と触れてオールラウンダーを目指そう
日本を代表する吹奏楽団シエナ・ウインド・オーケストラとの連携や学外でのライブイベントの制作、そして他学科とのコラボレーションにより幅広いジャンルの音楽に触れ、実際にステージ制作の経験ができます。これらは、音楽専門学校の尚美ミュージックカレッジだからこそ実現できます。

音響・映像・照明学科の実習

実践を通して学ぶ尚美ミュージックカレッジならではの特別授業
エンタテインメントの裏側の仕事を知るためには、実践の場を通して学ぶことが一番です。通常のカリキュラムに加えて、野外PA実習やダンス・ミュージカルの音響・照明実習、マーチング照明実習など、さまざまな特別授業を用意し、実践的な学びを通してそこでしか得られない経験とノウハウを積むことができます。

音響・映像・照明学科の卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    人と人との信頼関係やつながりが、よりよい音づくりにつながっています

    私は今、レコード会社で録音業務全般に携わっています。ジャンルはバンド系が主ですが、演歌、声優の音入れ、アニメなどを担当することも。ミキシングエンジニアは、簡単に言えば「音のプロ」で、ミュージシャンが表現したい「音」を汲み取りながら、「音」として表現する仕事です。曲のアレンジなどを…

    尚美ミュージックカレッジ専門学校の卒業生

音響・映像・照明学科の卒業後

多数の実績があるからこそ可能な高い就職率
音響・映像・照明学科の先輩が就職している多くの企業から、毎年求人が寄せられています。また、これらの企業が一堂に集まる合同企業説明会や企業研修も積極的に実施しています。これが、毎年90%を超える高い就職実績を出している理由です。(2019年3月卒業生就職者数178名)

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の募集コース・専攻一覧

  • コンサートPA専攻

  • レコーディング専攻

  • 映像制作専攻

  • 照明専攻

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の学べる学問

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の目指せる仕事

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の資格 

音響・映像・照明学科の取得できる資格

  • 映像音響処理技術者資格認定試験

舞台機構調整技能検定
舞台・テレビジョン照明技術者技能検定

尚美ミュージックカレッジ専門学校 音響・映像・照明学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒113-0033 東京都文京区本郷4-15-9
フリーダイヤル0120-039881(携帯、PHS可)

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都文京区本郷4-15-9 都営三田線・大江戸線「春日(東京都)」駅 A2出口から徒歩 1分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅から徒歩 5分
JR中央・総武線「水道橋」駅東口から徒歩 10分

地図

 

路線案内